スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バビロン5/第30話「サイ・コープスの秘密組織」

 原題「A RACE THROUGH DARK PLACES」
 未登録テレパスの逃亡を助けている組織がバビロン5にあると知ったサイ・コープスのベスターがやってくる。ベスターに協力していたタリアは組織によってさらわれ、サイ・コープスの実態を教えられる。
 シェリダンとイワノバは予算不足を理由に、地球政府から部屋代を請求されるが、シェリダンは認めず、イワノバを巻き込んで抗議を始める。
 組織の指導者はシェリダンに面会を要求する。シェリダンが指定された場所に行くと、医療部長のフランクリンが現れる。実は彼は組織の首謀者だった。困惑するシェリダン。さらにそこにベスターがやってくる。

 またもやサイ・コープスがらみのエピソード。ベスターは本当に嫌な奴。しかし、建前を完全に固めているので言っていることに反論するのが難しい。こういう人は嫌われるだろうが、確かに権力は持ちそうだ。上司にはしたくない(^^;
 デレンとデートしてやけに上機嫌になるシェリダンは可笑しいけれど、彼に付き合わされるイワノバはお気の毒としか言いようが無い(笑)。こういう上司もちょっと困る。まあ、ベスターと違って嫌いにはなりにくい人だけどね。
 タリアはサイ・コープスからは距離を置くことを決意したように見えるが、実は……。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。