スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バビロン5/第24話「謎の惑星ザ・ハ・ドゥム」

 原題「REVELATIONS」
 クァドラント37の調査に向かったジ・カーは辺境の惑星で、謎の宇宙船からの攻撃を受け、バビロン5に戻ってきた。そこはザ・ハ・ドゥムと呼ばれる惑星でかつて暗黒の種族がいたと伝説にあった。ジ・カーは確かな証拠を得るためにザ・ハ・ドゥムに調査隊を送るが、ロンドによってそのことがモーデンに知らされてしまい、調査隊は待ち伏せを受ける。
 いまだ昏睡から覚めないガリバルディのために、フランクリンはかつてローラ・ローゼンが使っていた機械を使うことを決意する。その装置によってガリバルディは目を覚ます。背後から撃たれたため犯人の記憶は無かったが、テレパスのタリアの協力を得て部下の裏切りを知る。
 バビロン5のシェリダンの元に妹が訪ねてくる。いまだに妻の死から立ち直りきれていない兄を心配してのことだった。シェリダンは妻のアンナが辺境調査に向かった先で事故死したことを今もひきずっていたのだ。
 そして、ついに繭から出たデレンが顧問会議に出席するが、その風貌はミンバリ人と地球人の両者の特徴を備えていた。それまで無毛であった頭部に髪が生えていたのだ。
 
 あらすじを書いてみたら一気にいろんな事件が起きていて驚いてしまう。さて、ここではあまり関係なさそうなシェリダンの妻のエピソードだが、実はメインストーリーに強くかかわっていたことが後のエピソードでわかる。
 ガリバルディを治療した機械のことといい、細かいところに伏線が貼ってあるので油断が出来ない。
 第二シーズンではロンドの転落が描かれていくのだが、今回はその第一歩。宇宙の全種族にとっての危機を呼び込んでしまったような予感がある。そして、地球もまたバビロン5の味方とは言えなくなってきている。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。