スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バビロン5/第23話「新司令官シェリダン着任」

原題「POINT OF DEPARTURE」
 大統領暗殺から一週間、シンクレア司令官は地球に召喚されたまま戻らず、警備主任のガリバルディは以前意識不明の重体であった。そこに戦艦アガメムノンの艦長だったシェリダン大佐が、新しい司令官として着任した。
 だが、かつて地球ーミンバリ戦争の時にミンバリの選管を破壊したことのあるシェリダンをミンバリ人はあまり快く思っていなかった。そんなとき、幸福命令に従わず逃亡したミンバリ戦艦トリガティの艦長だったカレインがバビロン5に現れる。さらにジャンプゲートから当のトリガティまでもが現れ、バビロン5に対して攻撃態勢をとる。

 バビロン5第二シーズンの第一話。完全に第シーズンの最終話から連続した話になっている。その方がわかりやすくていい。
 問題山積みなのに司令官までいなくなってしまって不安が募るところにやってきた新司令官。第一印象はちょっと頼りない感じ(^^; シンクレア司令官が信頼感抜群だっただけに余計にそう感じるのかもしれない。なんとなく軽い感じだし。
 しかし、トリガティの意図を一人見抜いて、的確に処理をするところを見ると、かなり有能な人のようだ。どちらかというと実戦向きなのかな。鋭い直感と柔軟な対応。シンクレア司令官とはタイプは違うけれど。
 この回にようやくシンクレア司令官がミンバリ戦艦にとらわれていたときに何があったのかと、ミンバリが地球に降伏した理由が明かされる。ミンバリ人と地球人とは魂を共有しているというのがその理由。さらにデレンは両者が手を取りあって来るべき闇に備えるべきと考えていることがわかる。もっとも後半部分はまだ地球人には明かされないのだけど。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。