スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の好きなウルトラマン

 ウルトラマンといえば、説明不要なくらい有名なヒーローである。現在も最新シリーズ「ウルトラマンメビウス」が放映中だが、シリーズ第一作の「ウルトラマン」を始めとして、過去いくつものTVシリーズや映画、ビデオが制作されてきた。「ウルトラマン」の前番組である「ウルトラQ」(こちらにはウルトラマンのような超人ヒーローは現れないが)もひっくるめて「ウルトラシリーズ」と呼ばれていることは、みんな良く知っているであろう。

 そのウルトラシリーズの中で、私が一番好きなのが、今からちょうど10年前に放映された「ウルトラマンティガ」だ。実は最近でこそコンスタントに新作が作られているのだが、この「ティガ」の前のTVシリーズ「ウルトラマン80」との間には長い中断期間があった。この間、外国で制作されたシリーズもあったのだが、日本のTVシリーズとしては実に16年ぶりのシリーズ再開であった。

 当時、新作ウルトラマンを放映するという話を聞いた時には、期待よりは不安の方が大きかった。主役をジャニーズのアイドルグループV6の長野博が演じるとか、主題歌も彼らが歌うとか、シリーズ初の女性隊長として高樹澪とか、初代ウルトラマンであったハヤタ隊員を演じた黒部進さんの娘さんがヒロインだとか。とにかく話題先行のような気がしてあんまり期待はしていなかった。

 それが放映が始まってみるとどうしてどうして、子供だましではないストーリーと、丁寧な作り、毎回気合いの入った画面作り。さらに不安だったキャストも主題歌も、気持良いくらいに物語にはまっているではないか。回を追うごとに物語に引き込まれていくようになり、いつしか毎週土曜日の放映を心待ちにするようになっていった。

 そんな感じで、メインの視聴者である子供たちだけでなく、その親の世代のファンも獲得した「ティガ」は大成功を収め、ふたたび頻繁に新作が作られるようになったのだ。

 で、最近更新を楽しみにしてるのが、こちらのブログ「空想非科学少女」。いままで「ティガ」を見たことが無かったダーウ(Daaw)さんが、ほとんど初見の状態で各話の感想を書いてくれている。これを読んでいると初めて本放送を見ていた頃の気持が蘇ってくるようだ。今ちょうど全体の折り返しのあたり、キャストもスタッフもどんどん乗ってきた頃の話だ。私もこの頃からはかなりのめり込んでたなぁ。なんて思いながら読んでいるのだ。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。