スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バビロン5/第三話「盗まれた極秘ファイル”パープル"」

 原題「BORN TO THE PURPLE」
 ロンド大使は同じセントーリ人の踊り子アディラに夢中になっていた。しかし彼女は、ロンドを陥れようとしているトラキスの奴隷で、ロンドの持つ極秘ファイル”パープル”を手に入れるために彼に近づいたのだった。

 第三話の主役はロンドである。前半はアディラのために、大事な会議に遅刻してくるなど、若い娘に入れあげるオヤジっぷりを散々披露してくれる。だが、意外とイヤミな感じがしないのは彼が結構真剣だからだろう。おかげでアディラの方も彼に本気になってしまい、一旦は盗んだ極秘ファイルをトラキスに渡すのを拒もうとする。
 ロンドの方もアディラの正体を知ったあとも、極秘ファイルのことだけでなくアディラの身を案じるなど、かなり好印象。結局シンクレア司令官の助けを借りてアディラも極秘ファイルも無事に取り戻すことができる。

 最後も「傷つけてしまった」と謝るアディラに向かって、もう何度も傷ついたことがあるからへっちゃらだ、なんてかっこいいことを言ってのける。オヤジな外見に似合わずいい男だ(笑)

 ……しかし後のエピソードで判明するのだが、この男すでに三人の妻がいる(笑)しかも見合い結婚で愛情は無いらしい。おいおい(^^;
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。