スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな大好きDNA

 ちょっと前にApemanさんのところで知ったのだけど、
国家的にものを考えるというのは、本来これは言う必要がないことなんですね。これは全部我々のDNAに入っているんです。

 こんなことを言っている人がいるんですね。全文はこのページの岡崎久彦氏のコメントを参照。発言自体はこっちで突っ込み入れられているようにトンデモなんだが。
いや、この人の言うことが本当なら、最近の日本人に愛国心が不足してるのは、前の戦争で愛国心をいっぱい持っていた人を大量に殺しちゃったからってことにならんかな?

 それにしても皆さんDNA好きだね~。確か石原都知事も以前使っていたし、最近記憶に新しいのは例の皇位継承問題の時のY染色体とかね。なんでこんなに好かれるんだろう。
 ひとつは生物学が進んで、生物の振る舞いの多くが遺伝子によって説明できるようになってきた、ということがあるだろう。特に、岡崎氏も引き合いに出している「利己的遺伝子」はそのタイトルが想像力をかき立てることもあって、あちこちで勝手な解釈で使われてるみたいだ。
 しかし、人間の行動や価値が遺伝によって決まる、なんてのはかつてあった優生学が形を変えて蘇ったようなものになってないか。これはあたかも、古くさい創造論がインテリジェンス・デザインとして新しい科学のふりをして出てきたことに似ている。
 
 インテリジェンスデザインに対抗するには、むかしからの創造論について知ることが結構いい免疫になる。同じように優生学について知っておくことは無駄にはならないと思う。
 ってわけで、優生学 - Wikipedia
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。