スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEET HOME & To-y

 松浦さんが音楽を担当した映画「SWEET HOME」とOVA「To-y」のサウンドトラックについてちょっと書いてみる。

「SWEET HOME」の方は黒沢清監督の(というより伊丹十三制作のと言った方がいいかもしれない)ホラー映画。最近の日本映画はホラーばやりだけど、流行り始める前に作られたというのがいかにも、というか。CHILDはこの映画のイメージソングだったのだ。松浦さんはCHILDだけではなく、映画の中で使われている音楽を作曲している。ホラーとは思えないくらい美しい旋律の曲が聴ける。なお、この映画、レベッカのNOKKOが中学生役で出演していたりする。

「To-y」の方は少年サンデーで連載されていた上條淳士の漫画をアニメ化したもの。PSY・Sとのファースとコンタクトがこのアニメだった。こちらはアニメに合わせて曲が作られたわけではなく、この時代の音楽でTo-yという素材を表現しているような形になっている。私は、このアニメのおかげでPSY・Sはもとより、ZELDAやGONTITI、BARBEE BOYSといったそれまで全く知らなかった音楽と出会ったのだ。たぶん知らずにいれば、今とは音楽の趣味が全然違っていただろう。ところで、こっちにもNOKKOが声優として出演してる。

SWEET HOMEサウンドトラック
収録曲
Visions Of Love
Picnic In Heaven
Mother Ghost Teme#1
Father
Shadow's Trap
Home Sweet Home(Piano Skecth)
Mother Ghost Teme#2
Home Sweet Home
Brightness Of Love
CHILD
Alone

To-yサウンドトラック
Lemonの勇気/PSY・S
モナパーク/GONTITI
ドリーム・スープ/AMOR
SANSO/くじら
風の中で/楠瀬誠志郎
ショート寸前/BARBEE BOYS
嵐のあと/The Street Sliders
Uptown Traffic/鈴木賢司
時計仕掛けのせつな/ZAELDA
Cubic Lovers/PSY・S
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。