スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emotional Engine/PSY・S

 PSY・S最後のオリジナルアルバム。いつものようにこれまでとは雰囲気が変わっているのだが、それは作詞家に松本隆さんや小川未潮さんが加わっていることも大きな原因だろう。一方でATLAS以来となるサエキけんぞうさん作詞の曲など、初期のPSY・Sを思わせる所もある。

 また、「sign」「Lotus」といったインスト曲が収録されているのもオリジナルアルバムでは初めてだ。二曲ともアルバムの中で実に効果的に使われていて、「be with you」~「sign」~「魔法のひとみ」と続く一連の流れと、エンディングで気持ちを落ち着かせるように流れる「Lotus」はこのアルバムの中でも好きなところだ。
 実を言うと、松本隆さん、小川未潮さん作詞の曲には、いまひとつと感じているところもある。なんかいまいちなじんでないというか。そういう意味でも、これで終わってしまうというのはちと勿体なかったかな。
 
 そういえば、このアルバムで初めてPSY・Sを知ってファンになった友達がいたんだけど、最後のオリジナルだと教えてあげたら、えらくびっくりしていたのを覚えている。

収録曲
Power Stone
Believe in Music
be with you
sign
魔法のひとみ
花のように
もうちょっとだね
月夜のドルフィン
雨のように透明に
Seeds
Lotus
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。