スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛い文章

(このエントリーはネタです)
「韓国には文化がない」この文章、私にはものすごく痛いものに感じられる。なぜなら……
 悪態をつくことさえ自前の文字では満足にできない民族が何を言う、と思えてしまうからだ。漢字かな交じり文でそんなこと言われてもねぇ。だからといって全部ひらがなというわけにもいかんだろう。なにしろ、ある程度のまとまった文章は全部ひらがな表記にしてしまうと読みにくくてしょうがない。読みやすい長さの文章でやるとほとんど小学生の悪口になってしまうし。

 あれ? ちょっと待て、ひらかな、平仮名……仮名ってなんだっけ?
 辞書(三省堂 大辞林)によれば、漢字の真名に対して仮の文字の意味で仮名。もともと独自の文字を持っていなかった古代日本では、音を表すために漢字を使っていたのだけれど、漢字だと画数が多くて書くのが大変だから、一部を省略したり(カタカナ)、漢字を崩して書いたりしているうちに出来た表音文字ってことだ。
 漢字の代用品って位置付けだったのだな。なんか成立過程がいまいち垢抜けないというか……人の文化を偉そうに批判できるようなシロモノじゃないような気がすごくするぞ。

 こうなったら少し(いやかなり)怪しいが、神代文字で書いてみる、というのはどうだろう? アヒル文字とか……ってこれハングルのパクリじゃん(笑) しかも、パクリであるアヒル文字の方がハングルの起源だ! というどっかで聞いたことがあるような主張をしている人がいるみたいだぞ(笑)

 教訓:人の文化を馬鹿にするような発言は、高い確率で自分に跳ね返ってきます。やめた方がいいですよ。あっち側の人もね。

 注:アヒル文字がハングルの起源であるという説はほぼあり得ないが、もしも本当にそうだった場合もっとひどいことに。合理的な表音文字体系を持っていた日本人は、なぜか漢字導入とともにそれを捨ててしまい、どうみても間に合わせにしか見えない仮名文字を表音文字として使うようになった……という間抜けなことになってしまう。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。