スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATLAS/PSY・S

 PSY・Sが活発に活動していた頃は、音楽雑誌を頻繁に立ち読みして新しいアルバムの情報を仕入れていたんだけど、このATLASというアルバムに関しては事前の評はあまり好意的ではなかったような覚えがある。今にして思えば、かなり好評だったNon-Fictionの次のアルバムということで、次も同じ路線を期待されていたのかもしれない。ちょうどバンドブームの頃だったしね。

 だから、手に入れてから実際にプレイヤーにかけるまでちょっとだけ不安だったのだけど、最初の”Wondering up and down”のイントロが流れてきたところでそんなものふっとんじゃったよ。このブログで最初にレビューを書いたのもこの曲だったね。
 派手なNon-Fictionに比べると地味なイメージがあるかもしれないけれど、じっくり聴けば聴くほど良さがわかる、スルメみたいなアルバムだ。前にも書いたけれど、このアルバムは買った当日に繰り返し聴いていたら、いつの間にか朝になっていたんだ。

 このアルバムの”(北緯35°の)heroism”では、作詞に森雪之丞さんが参加している。このときは一曲だけだったけれど、ストーリー性の強い彼の詞は後期PSY・Sの世界にはかかせないものになってゆく。

収録曲
Wondering up and down ー水のマージナル
WARS
ファジィな痛み
Stratosphere ~真昼の夢の成層圏
遠い空
(北緯35°の)heroism
See-SawでSEE
STAMP
引力の虹
WARS - reprize
スポンサーサイト

Comment

PSY・S

PSYSで検索していてたどり着きました。
ATLAS、私も一番好きなアルバムです。
懐かしくなってリピートして聴いてます。

2010.06.05 (Sat) | HIDE #0Wedy1wQ | URL | Edit

No title

HIDEさん
コメントありがとうございます。
もう解散して十五年になるんですよね~。未だにファンの方と知り合えるなんてうれしいです。
さすがに最近は昔ほど頻繁に聞く感じではなくなりましたが、それでも埋もれずに聞いてます。
なんか、代わりになるものは無くて、唯一無二という気がしてます。

2010.06.05 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。