スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿にされてるんだが、気がつかないのか?

非国民さんからのトラックバックで知った産経新聞の記事
【主張】同友会提言 中国干渉に手を貸す恐れ
そういう近隣諸国への過度の配慮が戦後日本の外交を誤らせてきたのではないか。これからは、中国などに疑義を持たれても、言うべきことをはっきり主張する外交が必要だ。

 言うべきことってこれですか?
靖国神社に詣でることは日本の文化であり、日本人の心の問題でもある。誰がいつ、いかなる気持ちで参拝しても、それが妨げられないような静かな環境を保ちたい。

 非国民さんの言うように、”靖国神社に詣でることが日本の文化”もすごいが、小泉総理の話なのにいきなり”日本人の心の問題”にしてしまっているのもすごい。”われわれ愛国日本人の偉大な指導者様”ですもの、彼の”心の問題”は全国民の”心の問題”なわけですよ、産経新聞的には。
 別に、国民が参拝することについては誰も反対してないよね。

提言は「中国などアジア諸国に少しでも疑義を抱かせる言動は、戦後の日本の否定につながりかねず、日本の国益にとってもプラスにならない」としている。

 実に的確な提言だと思うけどね。理由はこっちのエントリーのコメントで書いた通りだけど、一部修正の上、再掲しておこう。
 外交的には政教分離がどうこうはどうでもいい話だと思うんですよ。問題にされているのは、あれだけ政府の公式見解に真っ向から逆らうような政治主張をしている宗教施設に、総理大臣という政府を代表する立場にある人間が参拝してしまう、というところのはずです。A級戦犯というのはその象徴であって、たとえ合祀を外したからといって靖国が変わらなければ問題はあまり解決されないような気がします。

 わかりにくいかな。簡単な理屈だと思うけどね。小泉総理は対外的には政府の公式見解を支持している。それだけではなく、公式見解にそった形で、何度も自らの口から先の戦争について語っている。靖国参拝について報道されるときには、なぜかそのことには触れられない。触れてしまえば、小泉総理が”近隣諸国に過度の配慮”をしていることがわかってしまうからだ。靖国参拝は国内の小泉支持者へのパフォーマンスだよ。これ見て喜んでる人たちは馬鹿にされてるんだ、小泉総理に。
 
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。