スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー響鬼 DVD7巻

 初めての一話完結だった二十五話のカッパ編。後半に向けての伏線満載……のはずだった二十六~二十七話の化け猫編。そして前半響鬼の最終エピソード鎧土蜘蛛編の前半部である二十八話を収録したDVDの七巻目。
 三十話から雰囲気が変わってしまうので、本当は七巻目には区切りのいい二十九話まで入れて欲しかったところなんだが。

 二十五話ではついに専用バイクを手に入れる響鬼、って番組始まってから半年してからようやくちゃんとバイクに乗る仮面ライダーってのもすごい話だ。しかもまだ止まるの上手くないし(笑)
 次の化け猫編のエピソードは、これまでほとんど進展のなかった大きな物語がいよいよ動き出す、と思ったんだよな、見ていた当時は。実のところ、ここで語られていることは結構初期の設定から見ると破綻している。だから軌道修正があったことは予想はしていたけれど、だけどまさか後半がああなろうとは思いもしなかった。
 それはともかく、ここでは有能なのになんだか危なっかしいみどりさんがたっぷり堪能できる。すいかをみつけたからって包丁持ってうろうろしているって素敵すぎます。しかもそれ振り回すし(^^;

 そして一部では真の最終回などと言われていた鎧土蜘蛛編。前半響鬼の集大成とも言えるこのエピソードは、やはり”悪を倒すヒーロー番組”というよりは、明日夢とヒビキの物語として進んでゆく。こうして改めて観ても、やっぱりかなり異色なヒーロー番組だったんだな、と思える。

 特典のインタビューは、毎回摩化魍を育てる童子と姫役を演じた村田 充さんと芦名 星さん。毎回かなり大変な撮影だったみたいだ。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。