スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べつにフェミニストってわけじゃないんだけどね

gegengaさんの半年前のエントリーに一般人という人からこんなコメントが書かれていた
半年以上も前のエントリで恐縮ですが、これまでコメントされた方々は何を勘違いされているのでしょうか。問題になっている"過激な"ジェンダーフリー(以下、ジェンダー)について全く知らない発言としか思えません。

・更衣室が男女共同
・トイレが男女共同
・男の子に「鯉のぼり」、女の子に「ひなまつり」を否定
・男女混合での騎馬戦、身体検査
・林間学校などで男女同室宿泊

これらが別に構わないと言われたら返す言葉もありませんが・・・

>ジェンダーフリーと性教育をなぜセットで語るのか。が、まず、わからん。
 →ジェンダー推進派がセットにしているだけのことでは?

まともなジェンダーフリー運動はもちろん存在しますが、上で挙げたような"過激な"ジェンダーフリーとは男女の個性を否定するものです。自民党は後者について批判しているだけです。社会人の立場で更衣室や身体検査が男女共同なんて受け入れられますか?異常だとは思いませんか?子供の時期に異常な教育を受けてまともな大人になると思いますか?


  最近は、ジェンダーフリーとは言わず、「ジェンダー」とか「ジェンダー推進派」とか言うのが流行らしい。ジェンダーフリーとはが出来たおかげで、「ジェンダーフリー」では叩きにくくなったんかね。でそのページを紹介したところ、返って来たのがこちらのコメント。

そのサイトなら既に知っています。勧めているのが基本的にそのサイトのような考え方なら特に問題は無いと思いますが、だからと言って前回のコメントで挙げたような異常な連中がいないとは言えません。
かなり昔に実際あったことですが、小学校の教師が性教育という名目で児童を全員裸にさせて性器の写真を撮ったことが事件になったことがあります。まあこれは明らかに犯罪ですが、学校で行われている事なんて保護者には伝わりにくいものですから、子供が親には言えないようなことが、大なり小なり潜在的に起こっている可能性は十分ありえます。


”いないとは言えません”、とか、”可能性は十分ありえます”とか書いているものの、実際に上げてくれた例がこの人の言う「ジェンダー推進派」が行ったものかどうかわからないんですが、この先生って「ジェンダー推進派」だったんですか?

ところで最初に上げていた項目のうち、
・更衣室が男女共同
・トイレが男女共同
・男女混合での身体検査
・林間学校などで男女同室宿泊
については、”ジェンダーフリーとは”の中でも否定されていたし、この例を出した八木氏も、つい最近根拠が無かったことを認めている。”いないとは言えない”、というならちゃんと実例を出して欲しいのだけど。実例というのは、これらが「ジェンダー推進派」が「男女の個性を否定する」という目的でこれらのことをやっている例だからね。
 例えば、男女同室での着替えとかは、ジェンダーがどうこうではなくて、設備の問題でしかたなくやっているケースもあるわけだよ。そういうものまで一緒にして批判しているのが自民党の「過激な性教育・ジェンダーフリー教育 実態調査プロジェクトチーム」なんじゃないかね。

 さて、自民党を弁護しているようだけど、彼らの活動は何をベースにしているか。ここここを読んで、おいおい大丈夫かよと思わないだろうか?
 さらに、彼らがアンケートで集めたという”約3500の実例”だが、その実態はこう。結構異論とかもあることがわかるでしょ。

 ついでに過激な性教育の例としてあげていた「セックス人形を使った性教育」というのは実は普通の学校で行われたものじゃない。こっちのコメント欄にあるように、知的障害児に対する性教育として行われているもの。そういう背景をすべてすっとばして、センセーショナルに扱っているわけだ。これでも、自民党のプロジェクトチームには問題ないと言えるだろうか?

 私は論拠にしているページは信頼できると思っているので、それ以上の裏はとってない。だから本当は違うんだ、ということであればそういう反論はあっていいと思う。ただしその場合はちゃんと論拠をあげて欲しいな。可能性はある、とかいないとは言えない、なんてあやふやな言い方じゃなくて。
 

スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。