スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー響鬼 DVD6巻

 TV放映の方は今日が最終回だった仮面ライダー響鬼。こっちのDVD6巻の方は21話~24話収録だから、ちょうど半分あたりの折り返し点の話だ。そう思って見てみると、確かに初期の設定から少しズレが生じてきているのがわかる。

 最初は自然現象として扱われていた摩化魍が、特定の意思に操られる存在となっていたりとか、夏季限定の等身大摩化魍などという存在が表れたりとか。あと、明日夢の位置が非常に中途半端な状態で、まるっきり無関係と言うわけでも、かといって猛士の活動に本格的に加わるわけでも無く。物語上もちょっと持て余している感じがする。

 とはいえ、後半ではほとんど見られなくなった、摩化魍退治のプロセスとか、日常生活の描写とかは丁寧に描かれているのでそういうところが好きな私としてはそれなりに満足している。特にこのころのモッチーはやたらと可愛い。こんな可愛い娘にあれだけアタックされてても、なんとも感じてないみたいな明日夢の鈍さもすごいけれど

 映像特典は明日夢役の栩原楽人君ともっちー役の森絵梨佳ちゃん。この二人、もう明日夢ともっちーにしか見えない。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。