スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏服とスケート/PSY・S

 真冬の寒さが身にしみる今日この頃、出歩くのもちょっとためらってしまいがち。そんな最近はホリディを聴くことが多くなった。このアルバムの一曲目が夏服とスケートなんだ。
 華やかなオープニングの後、冬の澄んだ空気を思わせる曲に、ほとんどがひらがなで書かれた歌詞がのる。確かに冬の歌なのに、寒い感じはしないのだ。むしろ熱くなっているところを冷やしてくれるみたいな。
ながい まつげに
ゆきのひとひら すぐにとけて
もえる かわいた ルージュ
かなしく ふれた ぬくもり


別れの歌、なんだけどね。

作詞:松尾由紀夫
作・編曲:松浦雅也
アルバム
「ホリディ」
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。