スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしいからやめてください(^^;

 gegengaさんもあきれていらっしゃいますが、このニュースはひどい。
皇室典範改正勉強会 「Y染色体」の重要性指摘 男子皇族、代々受け継ぐ

 なんで「Y染色体」なんて持ち出すんだろうね。伝統の根拠に生物学を持ち出すと、安っぽくなるからやめた方がいいと思う。
 生物学的に考えるとするならば、Y染色体が父系の男子にのみ継承されるというのはそのとおりだ。しかし、別にこれは天皇家だけじゃない、今生きている男性のY染色体はすべて悠久の時間を経て純粋に受け継がれている。そして生物学的に考えるなら、たがが三千年足らずなんてちっとも悠久じゃない。最初の直立猿人から考えれば数百万年、哺乳類の歴史まで入れると数千万から一億年以上の歴史が刻まれているのだ。神武天皇と言えど、その時代に生きていた何万人かの中継者のひとりでしかないってことになる。ついでに言えば、その時代でも同じY染色体を持った男性は神武天皇の他にもかなりの数がいたはずだ。(あくまでこれは生物学的に見たときの話だからね。男系男子のみで王朝が続いたことの文化的な意味はまた別だ)
 また、Y染色体継承説を唱えている人たちって、それがどんなものかわかって言っているのだろうか? Y染色体上に乗っている遺伝情報は実はかなり少ない上に、それほど大切な情報はあまり存在していないらしい。雄になるためのスイッチにあたる遺伝子ぐらい(もっとも、最近の研究ではそれだけってわけでもなさそうだけど)。実は、これには理由がある。Y染色体上の遺伝子は欠落しやすいのだ。他の染色体には対になる相手がいるため、エラーが発生した場合にはお互いに補完しあえるのだが、Y染色体にはそれがない。そのため、変異したりしやすいのだ。実際、性染色体がXとYに分かれた初期のころから見ると、かなりの量の遺伝子が欠落しているそうだ。そのうちY染色体自体が無くなってしまうのではないだろうか、とさえ言われている。一部の哺乳類ではそういう動物もいるそうだ。

 こんな感じで、Y染色体なんてそれほど神秘的でもないし、別段ありがたがるようなもんじゃないと思うよ。こんなもん継承するために一所懸命男系を守ってきたんだとしたら、かなりマヌケな感じがするぞ。もうちょっと他の説明を考えた方がいいんじゃないのかねぇ。

それにしてもさ、
「血のつながりとは、科学的に言えば遺伝子の共有率だ。男子皇族だけに代々受け継がれてきたY染色体は姓や家紋に似ているといえる。しかし、体の細胞に刻印されているという意味で、はるかに強い実体をもつ」

これって、ずいぶん失礼な発言だと思わないのだろうか、「細胞に刻印」って……
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。