スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alone in the Light

 松浦さんはPSY・S以外にも色々と活動をしている。多分一番有名なのはパラッパラッパーじゃないかと思うけど。このAlone in the LightというのはXAZSAという小説のイメージアルバムに収録されている曲で、松浦さんの作曲なのだ。これがCubic LoversやBlue Starを彷彿とさせる見事な”松浦バラード”になっていて、PSY・S以外で発表した曲の中では一番PSY・Sっぽいんじゃないかと思っている。メロディーの美しさをシンプルに聴かせる1コーラス目と、間奏から盛り上がりを見せていき、2コーラス目の
両手のすき間から こぼれる戸惑い
ふいに 愛しさだけが つのる

ここのバックに入るシンセストリングスなんかはもう……そう、これだよ、これ。

 時期的には、PSY・Sの最後のころで、個別の活動の方が多かった時期なので嬉しいような、ちょっと寂しいような、結構複雑な気持ちで聴いた覚えがある。

作詞:田中みほ
作・編曲:松浦雅也
歌:松澤由実
アルバム
「XAZSA」
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。