スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計仕掛けのせつな/ZELDA

 AlpheccaさんのところでZELDAの話題が上っていたので、こちらも少し思い出しながら。
 私が彼女達の音楽を知ったのは、PSY・Sと同時期だった。OVA「To-y」の中で使われていたこの「時計仕掛けのせつな」が最初だったのだ。一回聴いたら忘れられなくなりそうな歌詞と、ドラムの音が強烈な印象を残してくれた。考えてみれば、私の音楽の趣味ってこのアニメを見た後で変わってしまったのだよな。
 そのあとPSY・Sの「Mint-Electoric」とZELDAの「C-ROCK WORK」を買いに走ったのだ。
手練手管の手品師も逃げた
光の箱 あけて 夢は品切れ
時計仕掛けで 世界は 廻る
終わることのない せつな

これを聴きながら街を歩くと、ちょっと景色が変わって見える。色が落ちてモノトーンになるような感じに。

作詞:?橋佐代子
作曲:石原富紀江
編曲:佐久間正英
アルバム
「C-ROCK WORK」
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。