スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守ろうとしたものと失ったもの

 ソニーBMGがアメリカで発売したコピーコントロールCDに、Rootkitと呼ばれる技術が使われていた、という報道がしばらく前にあった。
 それがどのようなものであるか、という詳しい技術的な解説がこちらにかかれている。
ソニーが音楽CDに組み込んだ“Rootkit”とは何者か? - @IT
 これを読むと、いかに無茶なことをやっているかよくわかる。なんでPCで音楽CDを聴こうとしただけなのにこんな目に合わされなきゃならないんだって怒りたくなるだろう。
 ソニーはCDがリッピングされることを防ぐことで、より多くの人がCDを新規購入することを期待していたのわけだが、そのために取った手段は最低のものだった。このことで失ったものは非常に大きい。復旧させるためのツールを提供するくらいでは回復できないのではないか。何しろ、正規にCDを買ってくれた”お客様”のPCを危険に晒し、その上なんの説明も無しに勝手にドライバを入れ替えてシステムの構成を変えてしまったのだ。著作権を守るためには技術倫理なんてどうでもいいと考えている会社だ、と思われてしまってもしかたないだろう。
 
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。