スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巌窟王 第二十三幕 エドモン・ダンテス

 伯爵邸の地下で伯爵とフェルナンは刃を交える。フェルナンは奮戦するが、しだいに伯爵に圧倒されその足元に倒れ伏す。しかし、巌窟王と一体化する時の近づいた伯爵が苦しむ隙をついて、逆襲に転じる。そしてフェルナンの剣は伯爵の胸を貫いた。だが、伯爵は巌窟王によって死ぬことの無い身体にされていた。そのままフェルナンに迫る伯爵、その顔には一面に巌窟王の紋章が浮き出ていた。
 その伯爵の前にエデが立ちふさがる。「どけ」という伯爵の言葉を受けても、一歩もひかないエデ。彼女は伯爵がこれ以上先にすすんで、完全に人の心を失ってしまうことを止めたいのだ。だが、エデはフェルナンに捕まってしまう。ベルッチオ、バティスタンとともにその場にやってきたアルベールが止めるのも聞かず、フェルナンはエデに銃を突きつけながら、伯爵に剣を捨てるように命令する。

 剣を捨てた伯爵をあざ笑いながら、エデに向けた銃の引き金を引こうとした時、伯爵の哄笑が響き渡る。伯爵の指し示した先には、ベルッチオに銃を突きつけられているアルベールの姿だった。苦悩しながらも、フェルナンはついにエデを解放し、伯爵に、自分は殺されてもいいから、アルベールは助けてくれと哀願する。そんなフェルナンに笑いかけながら、「私が欲しいのはお前の死ではない、絶望だ」という言葉をかけ、ベルッチオにアルベールを撃つように命令する。それでもためらうベルッチオに、伯爵自ら銃をとり出し、アルベールに向けて引き金を引く!

 ……だが、倒れたのはアルベールをかばったバティスタンだった。復讐に巻き込まれ、多くの人が傷ついてゆくのを見てきたアルベールは、伯爵とフェルナンに向けて叫ぶ。そうまでして守りたいものはなんなのか、意地を張って逃げているだけじゃないか、と。

 そのとき、伯爵のものとは異なる声が響く。「お前に友の心がわかるのか?」と。それは伯爵と一体化した巌窟王の声だった。「契約は成就した」と言い残し、背を向けて立ち去ろうとする伯爵に追いすがったアルベールは、伯爵を抱擁し、その耳元になにかをささやく。すると、伯爵は苦しみ出し、顔一面に広がっていた巌窟王の紋章がうすれていく。再び顔を上げた伯爵は、エドモン・ダンテスの姿に戻っていた。激しい憎しみと共にアルベールに銃口を向けるエドモン。アルベールはその身を銃口の前にさらす。伯爵の目に涙があふれる人間としての感情を取り戻したのだ、だが、凍りついていた心臓が動き始めたために、そこに刺さっていたフランツの剣先によって伯爵は倒れる。

 駆け寄るエデとアルベールの前で、瀕死の状態でなおも復讐を果たそうとする伯爵。その姿を見たアルベールは、どんなことがあろうと伯爵のように生き続けることを誓う。その言葉を聞いた伯爵は、アルベールの手を握り、「どうか、おぼえていて欲しい。私の名前は、エドモン・ダンテス」と言う言葉を残し息絶える。

 伯爵の死と共に、伯爵邸の地下世界は崩壊を始める。伯爵の側を離れず、共に死のうとするエデを、伯爵は彼女の死を望んでなどいないと叱責して、脱出するアルベール。しかし、フェルナンは、エドモンのそばで自らの命を絶った。

 
 これまでずっと立ち去る伯爵を見送るしかできなかったアルベールが、初めて伯爵に追いつき、その復讐を止めることができた。何度裏切られても、まっすぐに相手を思い続けていた気持ちが、巌窟王の呪縛を解いたのだろう。
 伯爵が、かつてフェルナンやダングラールによって奪われたものは取り戻すことは出来なかったけれど、そのかわりにエデやベルッチオやバティスタン、そしてアルベールの愛情や信頼を得ることは出来た。それが少しでも救いになっていれば良いのだけど。
 
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。