スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Silver Rain/PSY・S

 まるでガラス越しに雨を見ているように静かに始まる曲。夜の都会に銀色の糸のように降る雨のイメージが、透明感を持って目の前に広がっていく。この曲は単独で聴いてもよいが、アルバムに収録されている状態のまま聴いた方がずっと楽しめる。
 収録されているアルバムNon-Fictionでは、この曲は名曲AngelNightのすぐ後に流れる。全速力で走った後、ふと足をとめたような気持ちで聴くと、この透明感が気持ちいい。静かにはじまった曲は徐々に華やかさを増して行き、こんなフレーズで終わる。
Shower Tears 銀の糸を
Silver Tears つむぐ街角に
Silver Rain バレエのように
Silver Pain 想いがめぐる
Dancin' in the ...Silver Rain

 曲が終わって、次の曲が始まるまでの短い余韻の中で、激しい雨音が聞こえるような気がする。

作詞:サエキけんぞう
作・編曲:松浦雅也
アルバム
「Non-Fiction」
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。