スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブコメ提出しました。

以下の内容で提出済み。
2.私的録音補償金の見直しについて
(2)ハードディスク内蔵型録音機器等の追加指定について 36頁
 iPod等のハードディスク内蔵型携帯音楽プレイヤーに対して私的録音補償金を課金することに反対します。理由は以下の通り。

 課金を求める意見では、iPod等の携帯音楽プレイヤーを使用することによって、著作権者に与えられる損害というのが具体的に何であるかを提示できていません。このような携帯音楽プレイヤーに音楽として入れるものは主に次の三つです。
(1)自分で購入したCDの音楽
(2)音楽配信によってダウンロードした音楽
(3)レンタルショップより借りてきたCD
では、それぞれの場合について、仮に携帯音楽プレイヤーを使っていなかったとしたら、ユーザーは権利者に対して追加の費用を払うことがあるがあるか考えてみます。
まず(1)のケースはありえません。CDそのものを持ち出すか、あるいは持ち出すのをあきらめるかどちらかでしょう。
(2)のケースでは逆に楽曲の購入そのものを控えるでしょうから、権利者の得る利益はむしろ減るはずです。
(3)のケースも(1)(2)とほぼ同様です。録音して手元に置いておくことができないのであれば、レンタルする動機そのものが失われますから利益の損失になります。
 従って、iPod等の携帯音楽プレイヤーの使用は、権利者の利益を得る機会を奪うことにならない以上、補償金を払う必要はないと考えます。

---------------------------
参考にさせていただいたサイト。
ふっかつ!れしのお探しモノげっき
試される。(ココログ mix):私的録音録画補償金の iPod 等への課金について(パブコメ叩き台)


スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。