スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSY・S 4 SIZE/PSY・S

 この間のDVDにNon-Fiction TUREと共に収録されているPV集。以前はLDシングルという形で発売されていたものだ。内容は”電気とミント”、”Lemonの勇気”、”Angel Night"、"Parachute Limit"の4曲だ。
”電気とミント”
 映像効果のおかげで、ちょっと見ただけではどんな場所で演っているのかわからないようになっているのが面白い。タイトルの通り、はじけるような曲で、映像もそうなのだが、セットの中央にあるオブジェ(?)を回している人が普通に歩いてるかんじなのがなんか可笑しくて気になるんだけど、私だけ?
”Lemonの勇気”
 雲の流れる夏空が、さわやかな印象を残す。そこに浮かんでは消えていくイメージは、暑さよりは涼しさを感じさせてくれる。シンプルだけど、このPV集のなかでは一番好きだ。
 少しだけなんだが、この曲がテーマに使われたアニメ、「To-y」の映像を観ることが出来る。To-yもDVD化してくれないかな。
”Angel Night"
 この曲、やっぱり夜の都会がよく似合う。ここで使われてる映像は80年代終わり頃の東京なんだろう。映像の方には少し時代を感じるが、音楽は古く感じないんだ。今の東京を使って作ってみたいような気にもなる。
"Parachute Limit"
 PSY・Sの曲の中でも疾走感はかなり高い方の曲なんだが、上に手書きっぽいCGアニメが重ねられることで、なんとなくほのぼのした雰囲気が出ている。それがなぜか違和感があんまりなくて、そうか、こんな顔も持ってる曲なんだ、なんて思ったりして。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。