スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃこりゃあ~

 まずはこちらのページをご覧ください。
 読みましたか? 読みましたね。 ではみなさんご一緒に、

なんじゃそりゃー

 それにしてもひどい。共産圏かよ(--;) そりゃ一曲一ダウンロード単位で売り上げがガラス張りになる音楽配信に抵抗するはずだわ。国内音楽配信サービスみたいにレコードレーベル相手だったらいろいろ画策もできただろうが、相手がAPPLEじゃそれまでの力関係なんて関係ないからね。
 確か、日本に来たら日本のルールでとか抜かしてたよな。これを読む限り、そんな不合理なルールに従う必要なんてありはしない。
 いやもしかしたら音楽配信の時はちゃんとしたルールになってるのかもしれないけどさ。冷静になってみれば、この記事だけでそこまで勘ぐってはいけないんだ。ちゃんとなっているかどうか調べて、その上で是正を求めるなり、他のルールを変えるように働き掛けるのが筋だよね。いかん、あまり頭に来たんで暴走しそうになった。あとで雑誌買って読んでおこう。
 それにしても、こういうとんでもない連中からなる団体って、とても文化の発展に寄与しそうにない、それどころか完全に足を引っ張ってる。
 JASRACみたいな機構自体は必要だと思う。個々のミュージシャンが個別に料金を取り立てるなんてまねはできないだろうし、音楽みたいに目に見えないものに対する対価をちゃんと払うようにしていきたいとは思っているんだ。ただ、あまりにも今の制度が納得できないものだからみんな文句を言ってるんだよね。

 9/16追記:
 JASRACがあまりに巨大で独占的な存在だから、こんな横暴がまかり通る、というのはその通りの部分もあるのだけど、では同様の権利団体がいくつかあれば競争原理で今よりましになるかというと、こちらを読む限りそうとも言えないみたいだ。
JASRACと著作権等管理事業法
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。