スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rojo -Tierra-/La Vida/中森明菜

セールスも好調、アマゾンのレビューでも絶賛という明菜さんのシングル。
買ってからずっとヘビロテ中である。

4年以上の休業開けに出てきたとはとても思えない、会心作と言っていいんじゃないだろうか。世間の高評価は復帰開けのご祝儀だけではないだろう。

Rojo -Tierra-については、ちょっとアニソンっぽいという感想は結構多くの人が持ったようで、実際、ニコ動では既にJOJOのMADがあがっていたりする。
この曲とボーカルが生み出す疾走感は。確かにアニメのオープニングに使うとあいそう。サビに向かって盛り上げて行くのは彼女の得意とするところだものね。いっそのこと、正式にどこかで使わせてもらってはどうでしょうか?

あと、覚えやすいんだよね。繰り返し聞いていたらいつのまにか口ずさんでる。それにしても復帰一作目がこんなアップビートの激しい曲になるとは、予想してなかったので、これは嬉しい。

それがCWのLa Vidaになると、一転、ギターとパルマだけというシンプルな伴奏で歌われる曲。静かな感じ始まる曲だけど、聞いていると、いっぺんにいろんな感情が心に入ってくる。「孤独」だったり「決意」だったり「誇り」だったり。ちょっと一言じゃ表せないような……、ああ、だから「人生」ってタイトルなのか。ほんの4分半のなかでそこまで伝えてしまう。凄い、本当に。じっくり聞き込んでたら涙でてきたもんな。

それから、2曲とも、オケがすばらしいです。特にLa VIda。
シングルCDなので、お約束として2曲ともボーカル抜きのインストが入っているけれど、ふだんは飛ばしてしまうそれらのトラックもこのシングルに関しては飛ばさず聞いてる。本当に傑作。大満足なのである。

待ってて良かった。

Rojo -Tierra-
作曲:浅倉大介
作詞:川江美奈子/Miran Miran
編曲:浅倉大介/鳥山雄司

La Vida
作曲:koshin
作詞:izumi
編曲:koshin/沖仁
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。