スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俠骨丹心 第八集

 じいちゃんと仲のいい孫娘というのは、やっぱり和む。

・金逐流
 灰狼の裏をかいて祈聖因を逃がすという使命は果たしたものの、燕燕とのお月見の約束は見事にすっぽかしてしまった。しかもあんまり悪いと思ってないようである。
 本人はもう少し師兄の江海天のところに腰を下ろすつもりだったようだけど、なぜかその師兄から「早く出て行きなさい」と言われて再び旅に出て厲勝男の墓参りに向かうことになった。おかげで燕燕との二度目の約束もすっぽかすことに。こりゃぜんぜん脈無いな。
 だが、なぜかそんな逐流の前に江海天からの追っ手が。いったいどういうこと?

・仲燕燕
 なんとか逐流の気を引こうとするんだけど、いかんせん相手にその気が全然ないものだから、からまわってばかり。あげくに黙って出て行かれてしまう。ちょっとかわいそう。じいちゃんに、「なるべく一緒にいるようにしていれば、そのうち情がうつる」というアドバイスに従って無理やりついて行くことにしたようだけど、これはどうなんだろう? かえってうっとおしいと思われているんじゃないだろうか?

・仲長統
 なんか孫娘が可愛くてしょうがないというおじいちゃん。恋愛一直線な燕燕に、あいては今それどころじゃないんだから、と言って聞かせてはいるんだけど、結局は後押ししてやろうとするとか、あまあまである。

・史白都
 江海天暗殺失敗を灰狼にネチネチ文句を言われて、結局玄鉄を魏忠賢に献上することになってしまった。しかし、鉄のかたまりに向かってしみじみと語りかけたり、はては叩頭してみたりと、端から見てるちょっと痛い人みたいである(^^;
 そして灰狼に「あんまり妹さんに好き勝手させないように」と釘を刺されていたのに、相変わらず妹には激甘なお兄さんであった。

・史紅英
 なんかちょっと逐流に対してデレ始めているような気がするんだが、そんなきっかけあったっけ?
ひょっとして、逐流大好きっ娘の燕燕登場で負けん気に火がついたとか?
 それはともかく、六合幇の至宝である玄鉄を献上なんかされるのはこの人にとっても絶対いやなわけで、当然のごとく邪魔しようとするのだけど、おんなじことを考えていた李敦さんとお互い相手に気づかないまま足を引っ張り合う形になってしまう。どっちも正体を隠すために顔が見えないようにしてたのが仇になったわけよね。

・江海天
 なんとなく、行動が不可解な師兄。これは内通者をあぶり出すためなのか、それとも……?
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。