スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロパガンダ?

南京大虐殺で中国政府が主張する30万人説はプロパガンダであり、このような誇張をする相手は信用できない、という主張は、虐殺があった事を認めている人であっても受け入れてる事が多い様に見える。
だが、この「30万人説は中国のプロパガンダである」という告発は、ほとんどの場合その根拠として示された「事実」が否定派によって捏造されたデタラメである。

よくあるパターンとしては、
・年々犠牲者数が増えている。
・東京裁判までは全く知られていなかった。
・原爆という戦争犯罪から目を逸らすために30万という数字をでっち上げた。
・20万人しかいなかったのに30万人も殺せるはずがない。
・中国は民間人を30万人殺したと主張している。

上記の例は全てとっくに嘘だとばれている。これは「どっちもどっち」で済ませられる事ではない。相手が嘘をついていると言う主張が嘘と捏造によって構築されているのだから、その主張自体疑ってかからないとおかしいだろう。だが、否定論については否定しながら「30万人説は事実を歪曲したプロパガンダ」と言う結論の方は受け入れてしまう人が中立を自称するのはなんでだろうね。

「じゃあお前は30万人説をどう考えているんだ、中国の主張をそのまま認めるのか?」って言われそうだけど、それについてはまた別途。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。