スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブソングができるまで

 以前にiTunesStoreでレンタルしたけど、気に入ったのでもう一度見たくなって購入してしまった。ヒュー・グラントとドリュー・バリモア主演のラブコメ映画。
 主人公のアレックスは80年代一世を風靡したバンド”PoP”の一員だったが、今ではすっかり過去の人。遊園地やクラブでかつてのファンを相手に、昔の持ち歌を歌って暮らしていた。が、そんな彼にカリスマ的な人気を誇る歌姫コーラから新曲を作ってほしいとオファーが舞い込んできた。
 作曲はできるが、作詞はからっきしのアレックスだったが、たまたま代理でやってきた植木係のソフィーに作詞の才能を見いだす。なぜか尻込みする彼女をなんとか説得し、二人で曲作りを始める……。

 ストーリーは王道というか、ベタなラブコメなのだけど、どうも音楽ネタだと私は評価が甘くなるらしい。コーラからの依頼を受けてアレックスとソフィーの作る曲「Way Back Into Love」がちゃんと全体のテーマになっていて、ラストでこの曲がかかってハッピーエンドだから、とてもおさまりがいいんだよね。それと、架空のバンドPoPの曲がいかにも80年代風で、聞いていてついニヤついてしまう。
 
 日本語タイトルもそんなに悪くないんだけど、原題の”Music and Lyrics"がとても良い(でも原題のままってわけにもいかないんだろうろいうのはわかる)。中で、”メロディと歌詞が一緒になって魔法が生まれる”って台詞があるんだけど、これちょうど二人の関係も表している。

 登場人物はそれほど多くないけれど、主役の二人以外だとソフィーのお姉さんがいいな。アレックスの大ファンで、昔おっかけやってたということで、最初はミーハーな感じなんだけど、ちゃんと大人の女性としてソフィーにアドバイスしてあげたり。それから、歌姫コーラは最初に見たときと二回目見返したときには印象が変わった。

 二時間弱でちょっといい気分になれるので、結構おすすめである。
 
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。