スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自炊代行の潰し方

 年末に出版社と作家が自炊代行業者を訴えたというニュースがあった。以前から自炊代行を問題視していたので、実力行使に出たというところだろう。確かに現行の著作権法ではかなり黒に近いグレーではある。出版社としては代行業を使わない自炊も規制したいところだろう。自炊によってできる電子データは複製自由なので、流出すれば出版業に悪影響があるし。
 しかし、こんなことしなくてもその気になれば自炊代行業なんて干上がらせるのは簡単なんだけどな。なんで自炊代行なんてものが商売として成り立っているのかって言えば、紙の本を電子化するのがとても面倒だから。だからこれを出版者自身が商売としてやってやればいい。手持ちの本を送ったら電子化してくれるというサービスを始めればいいんだ。いったん電子化してしまえば、あとはほとんど手間かからないんだから、原価はかなり安くできるだろう。
 買い手からしたら、いくら電子本が便利だからっていっても、紙で一回買った本をあらためて同じ値段で電子本で買い直すなんてやりたくない。でもこれだったら金払ってでもやるやつはいるだろう。だから自炊代行なんてのが商売になってるわけだし。

 で、これってたくさん本を買ってるひとほど使いたがるわけだから、出版社に取っては優良顧客情報が集まるわけだよね。ついでに、現在、自炊によって発生している野良電子データを減らすこともできる。自分のところで管理できるんであればDRMをかけるなり、個人を特定できる情報を埋め込むなりといった対策が取れるわけだし。

 もっともこれを始めるとブックオフで買って送ってくるのもいるだろう。ちょっとまずそうに思えるが、これって新古書市場に出回ってる分をユーザー側で自主的に回収してることになるから、トータルで見れば損にはならないだろう。

 今の出版業界は客を泥棒呼ばわりして反感を買った音楽業界の過ちを繰り返しているようにしか思えない。それじゃだめだよ。iTunes Storeが成功したのは客を信頼したからなんだけどね。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。