スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

游剣江湖 第三十二集

 間があいたのは忙しかったから。鬱展開で勢いがおちた、とかじゃないぞ(^^;
・林無雙
 飛魚灘に戻ると決めたものの、そのことは元超にはまだ話していない。中原でのごたごたに疲れたというのも本音なのだろうが、元超と別れたくない、できればひきとめて欲しいというのも本当なのだろう。でもあの煮え切らない男じゃ素直に打ち明けてもひきとめてくれるかどうか……という石師兄の言うとおりなのだよな。
 今回、改めて振り返ってみると無雙って本当に変わったよなぁ。最初の頃は天真爛漫なお子様だったのが、元超も言ってるように短い間で大きく成長した。そのぶん悩みも憂いも増えたとも言えるんだけど。それが大人になるってことか。
 それにしても、やけに別れを思わせる台詞が多かったんだが、死亡フラグとかじゃないですよね? 毒の件があるから不安になってしまうよ。
 
・孟元超
 さすがに無雙の様子がいつもと違うことには気がついたのだが、それ以上はどうしても進めない元超。どうしてそこでもう一歩踏み出せないんだぁ、というもどかしい気持ちになっていたら、長老がやってくれました(爆) やっぱり見るに見かねてなんだろうか? こら元超、ちゃんと誓ったからには責任とれよ。

・雲紫蘿
 江湖の不穏な状況は、紫蘿に隠遁生活を続けさせることを許さなかったというべきか。本人の望みではないかもしれないが、元超や無雙があんまり動けていない今、師太との修行で大幅にパワーアップした彼女が復帰してくれるのはありがたいところ。
 名乗らなかったのは、世俗のしがらみを断ち切りたいという思いからだったのだろうが、それが紫衣女侠という噂のヒーローを産んでしまうというのが面白い。このところ鬱展開が多かったし、そろそろ反撃開始といきたいところ。

・楊牧
 尉遅炯を使った鏢局襲撃は、金のためではなく自分の業界内での評価を上げるため。しかも究極の目的は元超への復讐なので金にしろ、連盟にしろ、鏢局界にしろ、全部そのための道具にしか過ぎないんだよな。傍目からはかなりのやり手に見えるかもしれないが、そもそもの動機が狂っているということには誰も気がついてはいないんだよな。
 そして、搦め手ではまったくらちがあかない荘河嶽に対して、ついに本性をあらわにして強攻策を採る。本来の外道らしく、娘の天心を人質にという良くある手段ではあるが効果的ではある。
 一方で用済みになった尉遅炯を始末しようと企んでもいるようだ。いったいこの楊牧祭りはどこまで続くのか?

・繆長風
 そんな風にやりたい放題の楊牧だったが、九王からの命を受けて、ついにこの人が動く。今までのようなただの風来坊ではなく、正規軍の総司令官という立場であることを考えるとこれは心強い。でも、そんな立場になってもやっぱり顔を出すのはあの酒屋なのね(笑) まあ、確かにあの親父、なにげに事情通ではあるのだが。

・宋騰霄/呂思美
 という風に、周囲にはいろいろと波風が立ってはいるのだが、それを尻目に順調に幸せをはぐくんでいる。このカップルの安定感ったら……。
スポンサーサイト

Comment

>雲紫蘿

 崖から落ちてもいないし、洞窟で秘伝書を見つけた訳でもないのに大幅パワーアップとは珍しい(違
「紫衣女侠」で江湖の二つ名とはこうしてつくのかと感心はしましたが、改めて考えるとなんの工夫もないネーミングではありますね(^^; 江湖の女性は名前に色の名が入っていると、もれなくその色ばっかり着せられてるから、本名にちなんでる訳でも無し。


>繆長風
>そんな立場になってもやっぱり顔を出すのはあの酒屋なのね(笑)
<
 つけをちゃんと払ったのかが大変気になります(^^;

2011.01.30 (Sun) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

No title

>崖から落ちてもいないし、
いちおう、グライダーで爆発に巻き込まれて墜落というもっと派手な退場はしてますから(笑)
>なんの工夫もないネーミング
確かに、全然ひねってません(^^;

>つけをちゃんと払ったのかが大変気になります(^^;
払ってそうにないですよねぇ(^^;

2011.01.31 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。