スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

游剣江湖 第二十七集

 やっぱりこの義兄妹を主人公にした方が……
・林無雙 
まさかの繆兄相手の好カード、しかも互角! 最初に会ったときには「虎と猫だ」なんて言われてたのに、その子猫はいつのまにか手強い虎になっていました。そして本気の手合わせの後はすっかり意気投合し、そのまま義兄妹となる。最初、大哥と呼んでいいぞ、と言われて戸惑っているのだけど、それが天涯孤独の繆長風が心から認めた相手への言葉だと気づくと、さっと跪いて真剣に誓う。このときの表情が好きだな。
 だが、繆大哥と別れて大会に向かう途中、牟宗濤と楊牧の待ち伏せを受けてしまう。普通に戦えば負けるわけ無いんだが、相手は準備を整えていた上、隠し技の毒掌を受けてしまい、そのまま捕まってしまう。

・繆長風
 無雙と戦っているうちに胸の内のもやもやが晴れてすっきりしてしまった繆兄。そういやこの人が元超の側にいたのって、最初は「全力で戦える相手」を求めてだったんだよな。思いがけないところでその相手を得たことで嬉しくなったんだろうね。でも、自分から喧嘩ふっかけといて「なあ、俺たちなんで戦ってるんだろうな?」てのはちょっと(笑)、いや繆兄らしいけどさ。義兄妹の誓いの言葉も、この人らしくて好きだ。
 なにはともあれ久しぶりに晴れ晴れとした顔の繆兄を見るのは嬉しいぞ、と思っていたら無雙がさらわれたことで、また雲行きが怪しくなってしまった。最後に一緒にいたからと騰霄や扶桑派の人たちに疑われたりしているし。とにかく汚名返上のため無雙を捜すことになった。

・孟元超
 いよいよ大会当日というのに、突如舞い込んでくる無雙失踪の知らせ。そこでみんなで探しに出かけるのはいいけどさ。なんで繆兄が疑われているのにその場でフォローの言葉が出てこないのよ。こういうところがいまいちなんだよな、元超は。
 そして無雙を人質に取った牟宗濤に、連盟の盟主に推薦するように脅迫される。楊牧のリークにより居場所の見当はついたものの、その場を離れられないため、あとは騰霄に託して自分は大会に。はたして騰霄は間に合うのか?

・牟宗濤
 実はすっかり楊牧の掌の上で踊らされているのだが、自分じゃいっぱしの策士のつもり。捕らえた無雙に対してドヤ顔してるが、実はコンプレックス丸出しになってるのが透けて見える。やっぱりこいつはこの程度の男。でも自己認識じゃ大物のつもりなんだろうな。楊牧のことも見下してるのが良くわかるし。

・楊牧
 牟宗濤に協力するそぶりを見せているが、そのまま牟宗濤を盟主にする気はさらさらなさそう。宗濤を悪役にして自分は元超の信用を得ようという魂胆か。元超に無雙の居場所をリークした時に、「これも目的を果たすためです」と答えてるのだが、この目的って元超への復讐のことだよね。かなり大胆なやつだ。
スポンサーサイト

Comment

>繆長風

>無雙と戦っているうちに胸の内のもやもやが晴れてすっきり
<
 戦闘突入背景を改めて考えると、双方ともなんですっきりして仲良くなってるんだ???という話だったような気がするんですけどね(^^; 視聴者も納得しているキャラ力が凄いのか。
 それにしても、此所がこのドラマのベストシーン二つ(?)の内の一つかなぁ。


>牟宗濤
>掌の上で踊らされているのだが、自分じゃいっぱしの策士のつもり。
<
 なんですか、この既視感は?気のせいか最近にも…。

2011.01.16 (Sun) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

No title

>双方ともなんですっきりして仲良くなってるんだ???
達人同士、剣を交えて語り合ったのですよ(キリッ)
>此所がこのドラマのベストシーン二つ(?)の内の一つかなぁ。
あと一つは、おねだりシーンでしょうか?

>なんですか、この既視感は?
星の巡りって奴なんでしょうか?

2011.01.16 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。