スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

游剣江湖 第十一集

 序盤の山場ってところか。
・林無雙
 ついに牟宗濤と対決の時が。彼女にとっては絶対の存在だったはずなのだが、やっぱり師叔の死についての疑惑を無視することはできなかった。さんざんためらったあげくではあるが、疑惑が晴れない限り掌門就任は認めないとはっきり言い切った上で、掌門の座をかけて直接勝負を挑む。一旦戦うとなったら、純粋に勝負に集中してためらいを見せないところも彼女の良さだよな。途中でど忘れして元超の方をちらちら見ているのが可愛らしい。
 彼女を嘗めていた宗濤を、覚えたばかりの奥義で圧倒しての勝利で、掌門に就任する。最初はいやがっていたが、最後には引き受けることになった。最初の命令が自分のことは「掌門」じゃなくて「無雙」と呼べというのが彼女らしい。まあ、周りの弟子たちってほとんど自分より歳上だしね。元超も扶桑派の弟子と言うことで、以降は無雙と呼ぶことに。

・孟元超
 無雙と共に師叔の死の真相に迫り、牟宗濤の掌門就任を阻止する。自分からきっかけを作った後は、ひたすら無雙のフォローに回っていたところも好感度が高い。やっぱりこのふたりっていいコンビだと思う。用が済んだらあっさり別れて師妹を探しに行っちゃうという、やたらべたべたしないところもいい感じである。もっともおかげで扶桑派のみんなには誤解されてしまったようであるが。

・石衛/桑青
 扶桑派の弟子たち。とはいえ当然無雙よりは歳上なので、無雙は石師兄、桑師姐と呼んでいる。一応すっと牟宗濤派ということで、彼を掌門に押していたが、無雙が勝って掌門になったことはあっさり認めていた。たぶん、宗濤が素直に彼女に譲ったことで解決したんだろうな。元超と無雙をくっつけようとしているが、今のところは両方ともその気はなさそう。

・宋騰霄/呂思美
 扶桑派の用事が済んだ元超とあっさり再会する。しかし、両親釈放の交換条件だった翡翠の笛は既に北宮望の手に渡っていると知って途方にくれていた。でも繆兄の活躍であっさりそれも解決してしまった。なんでしょうかこのスピード展開は。後半パートだけで一気に解決しちゃったぞ(笑)

・繆長風
 ふらっとやってきて、あっさり問題を解決してしまった。たぶんわがまま聞いてもらえるだろうと確信してる状態で、北宮望におねだりしてる姿が笑えてしまうのだけど、こんな掟破りの解決方法でいいのだろうか? 最初は「うわー、どうなるんだろう」って感じの展開だったんだけどな。

・北宮望
 なぜか繆兄にはとっても甘い北宮大爺。そりゃ確かにいまさら人質にしていたところで、この人としてはまるっきり利用価値は無いわけで、どうとでもできたと言えばその通りなのだが、交換条件が月に一度象棋につきあってくれなんだからなぁ。単に遊びに来て欲しいってだけなのか?

・雲紫蘿
 楊牧を夫として幸せに暮らすんだとなんとか自分に言い聞かせてはいるものの、義姉はあいかわらず意地悪だし、母親はうざったいしということで、これは見てるだけでもストレスがたまる。気晴らしに一人で買い物に出ていたところ、その様子をこっそりのぞいていた夫の楊牧に気づいてしまい、とうとうぶち切れて夫から逃げだそうとして馬車に激突してしまう。なんかやばいところを打っているんだが、これはもしかして?
スポンサーサイト

Comment

この11話のエピソードが一番好きかも

>繆長風
>北宮望におねだり
<
 このシーンがもう(^^; 確かに、なまじな交渉するよりもおねだりしちゃった方が話が早いかもで、合理的っちゃ合理的なんですが…(^^;

2011.01.03 (Mon) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

No title

>このシーンがもう(^^;
ここもおいしいところですね。

>なまじな交渉するよりもおねだりしちゃった方が話が早い
これでお話が前に進んじゃうんですから、かなり意表をつかれました。

2011.01.04 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。