スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

游剣江湖 第七集

タイミングが悪い時ってあるものだ
・林無雙
 元超の持っていた翡翠の笛から扶桑派の宝が実在することを知り、牟宗濤に伝えるために元超と共に中原に向かう。紫蘿サイドがどんどん煮詰まって、ストレスがたまる展開になっているところ、この子の天真爛漫な明るさは救いになっているな。

・雲紫蘿
 母親からはねちっこく責められ、楊牧からは熱烈なアプローチを続けられ、とうとう耐えられずに楊牧と結婚してしまう。しかし、元超との子供がいることは隠したままというのがのちのち不安、というかそのうち確実にばれてやばいことになると思うのだが。元超が生きているか死んでいるかわからない状態で一人で耐え続けるのはさすがに限界だったからこの選択は責められないところではある。だが、決して納得しての結婚ではなく、酒の勢いを借りてようやくこなした感じ。そして、結婚した翌日に繆長風から元超が生きていることを知らされてショックを受けてしまう。

・繆長風
 元超からの伝言を届けるために、紫蘿の行方を探るが、飲んだくれたおかげで遅れてしまい、伝えられたのは結婚の翌日だった。元超を待たずに結婚してしまったことを思わず責めるが、自分が飲んだくれて遅れたせいだと知ると、いたたまれなくなって逃げちゃった(^^;

・雲夫人
 娘のためとか言いながら、子供のことを隠して結婚してしまえとかなにげにかなり酷いことを言ってます。要するに結婚して既成事実を作っちゃえばあとはなんとかなるってことなんだが、そのくせ結婚するのは生まれてくる子供のためとか、どこまで自分勝手なんだか。

・孟元超
 無雙の治療でようやく立って歩けるようになり、二人で中原に向かうことになった。なぜかいつの間にか扶桑派のみんなとも打ち解けていたようで、歩けるようになったときにはみんなから祝福を受けていた。紫蘿が大変なことになっているというのにこっちはえらく呑気だったけれど、まあ彼女の事情は知らないわけだから、無理もないか。

・楊牧
 ようやく願いが叶って、紫蘿と結婚する。紫蘿が複雑な心境にあるということにまでは思いが至らないのかもしれんが、今のことろ素直に喜んでいる。子供のことを打ち明けられたら修羅場になりそうな気がするんだが、大丈夫だろうか?
スポンサーサイト

Comment

いろいろとアレな人ながら

継子いぢめのリスクもあるけど、紫蘿が好きなのだけは間違い無しの楊牧にお腹の子供のことを言って結婚した方が良かったとも思えますね。跡継ぎ絶対な社会って、結婚相手の女性が子供を産めるかが重要になる故に、その点の保障のある女性は歓迎される場合もあると聞きますから。

2011.01.03 (Mon) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

No title

確かにこの時点であれば、その選択もあったかもしれませんね。ただ、追い出される可能性もあったわけで、雲夫人としていは危ない橋は渡りたくなかったんでしょうね。問題先送りにしかなってないんですけど。

2011.01.04 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。