スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倚天屠龍記 第五集

 よく遭難しなかったな(^^;
・謝遜
 無忌たちとともに無人島暮らしも続けて十年、ついに中原に戻る日がやってきた。けれども悪名が広まっている自分が一緒にいたのでは張翠山たちを巻き込んでしまうからと、一人無人島に残る決意をするのであった。これって自分の敵討ちをあきらめてでも張翠山一家を守りたいってことだよね。もう謝遜にとっては彼らは自分の家族と同じくらい大事な存在になったって事だ。
復讐の念と七傷拳という特殊な武芸のおかげでおかしくなっていたけれど、本来の性格は義にも情にも厚い人だったんだな。初登場の時とは全然印象が違うのだが、納得できるだけの積み重ねがあるのがすごいな。

・張翠山
 島に残ると言い出した謝遜に驚き、自分たちも残ろうとするけれど、彼の決意が固いことを知ると無忌を連れて船出する。実は謝遜に一番頼りないと思われてたらしい(笑)しかし、泳げないというのによくあんないかだで船出する気に(^^;
 なんとか遭難もせずに天鷹教の船に救出されるが、なぜかそのとき船上では謝遜と屠龍刀の行方について武当派と崑崙派も一緒でもめてる最中。そんなところに戻っちゃったものだからいろいろ詰問されたりするのだが、師兄の兪蓮舟のとりなしにより、親子三人で武当山に行くことになった。しかし、街中で暴れている元兵を懲らしめている最中に無忌をさらわれてしまう。

・殷素素
 謝遜にも言われたように翠山よりも頭が切れる。謝遜の行方を問われて、「悪党の謝遜は九年前無忌が生まれたときに死にました」と答える。これは嘘じゃないんだよね、でも幼い無忌にはそんな懸け引きはわからなくて結局ごまかしきれなかった。しかし、中原に来たんだから服を着替えればいいのに。


・張無忌
 ずっと島で両親と義父のもとで育ってきた無忌にとっては、中原なんて知らない場所に行くよりは、謝遜と一緒に暮らしたいと思うのは当然なんだよね。中原についたらついたで、見るもの全部目新しくて、子供らしくはしゃぐところも可愛い。

・兪蓮舟
 やっぱり武当派の皆さんは話のわかる人が多いというか。張翠山から天鷹教の殷素素を妻に迎えたと聞かされて、一瞬複雑そうな顔を見せるものの、その後は普通に身内として接する度量の深さ広さはさすがである。
スポンサーサイト

Comment

No title

>中原に来たんだから服を着替えればいいのに
それは思いました(笑)
せめて帽子だけ取るとか…この人たち町中で無茶苦茶浮いてましたよね(笑)
においとかもすごかったろうし…

2010.12.11 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>町中で無茶苦茶浮いてました
ですよねぇ(^^; なのに普通に接しているみなさんが妙に可笑しい。

2010.12.12 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

ふつー

その辺を歩いてる皮をむいて食べるシロクマと、氷の下で泳いでるお魚ぐらいしか食べるもののない島に、目の見えない人を一人で置き去りにすれば、今生の別れですよねぇ…。
 武当派の内功恐るべし(え?

2010.12.12 (Sun) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

No title

>武当派の内功

謝前輩は武当派じゃありませんから(そこかい)

2010.12.12 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。