スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家にApple製品がひとつでもあるなら

 ちょっと出張などあったために出遅れてしまい、発売直後に入手という訳にはいかなかったのだが、我が家にもAppleTVがやってきた。まあ、出遅れたおかげで最初から新しいOSを使ったAirPlayの恩恵が受けられたりするのでよしとしよう。
 実はまだそれほど使えてはいないのだが、もし家にApple製品(MacでもiPhoneでもiPadでもiPodTouchでも)が一個でもあるのなら、これは買いである。iTunesにためてある音楽やムービーがTVで簡単に再生できるというのも便利であるのだけど、iPadやiPhoneの中のものもそのままTVに出せるというのが便利すぎる。AppleTV単体だと単なるセットトップボックスでしかなく、あとはソフトの品揃え勝負になってしまうだろう。実際のほかのVODサービスと比較しても突出している感じはしない。PS3でもアクトビラでもビデオ配信はやってるしね。

 しかし、自社製品との連携のさせ方が本当にうまい。自分のiPhoneとかiPadからストリームできるということは、例えば友達の家に遊びに行ったときに、そこにAppleTVがあれば自分のライブラリの中からムービーや音楽や写真を選んで表示させることができる訳だ。そのために特に難しい設定とかも必要なく、簡単にできてしまうというのもすばらしい。こういう使い方の提案は単純に技術に強いだけじゃ出てこない。どんな風に使いたいか、何ができたら嬉しいか良くわかってないと無理だ。

 それにしてもこうなると、ますますPCの出番が減ってくるような気がするな。iPadもiPhoneも未だに母艦が必要なのは相変わらずなんだけど、母艦なしでも使える環境がだんだん整いつつあるようだ。データのバックアップについてスマートな方法が出てきたら、これらのデバイスがPCから離れる日も間近である。今の流れでいくとやっぱりクラウドに置くのだろうか?
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。