スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封神演義 第二十九集

 残り十集となって、巻きが入ってきました(^^;
・十天君->二天君
 あっという間に整理されて二人しか残っていない状態に(^^; いやまあ、確かに残りわずかなんだから一人ずつに時間を割いていたら間に合わないというのはわかるんだが、それにしても(^^;
 最初の天絶陣、風吼陣くらいまでは攻略らしいことはやっていたのだが、三つ目の金光陣はえらくあっさりカタがつき、その後はいつの間にかやられてました、ということに(^^; まあ、なんというか、闡教側に大人げない人たちがたくさんやってきちゃった時点で、勝ち目は薄かったわけだけど(^^;

・姚天君
 落魂陣で姜子牙を追い詰めたり、在庫一掃された後も生き残ったりと、地味に目立っていたが、やっぱり相手が悪いというか。先に姜子牙を罠にかけたときには奇襲が成功したけれど、正面切っての戦いでは相手にならなかったような。

・姜子牙
 その落魂陣で命を落としかけるが、白鶴童子と楊戩の活躍で一命を取り留める。しかし、ただグースカ寝てただけのような気がしないでもない(^^;
 そして序盤で呪殺されかかっていたかと思えば、趙公明登場後にまたやられて寝込んでるし(^^; ここはやっぱり突っ込みどころなんでしょうか?

・南極仙翁
 師弟のピンチということで、爺とおっさん連中を引き連れて救援にやってきた。……いや、なんか皆さん大人げないような(^^; ピンチになると上位ランクの人がやってくるって、喧嘩に負けると兄ちゃんを呼んでくるみたいな流れになってますが(笑)
 爺戦隊のリーダー格として、いろいろと戦いの指示を出している。かなりえげつないけど(笑)

・趙公明
 十天君が次々とやられてしまうのを見て、危機感を持った聞仲が呼んできた新たな道士。困っている聞太師に向かって、「よっしゃ、まかしとけ!」という感じで手を貸すことになった。気のいい親戚の伯父さん風の人。これがかなり強くて、定海珠を使い爺戦隊を手玉に取る。
 だが、逃げた南極仙翁を追っていったところで、謎の道士に襲われていきなり劣勢に。この人誰? というところで〆。
スポンサーサイト

Comment

No title

>ここはやっぱり突っ込みどころなんでしょうか?
手持ちのアイテムは結構すごいはずなんですけどね(^^;
やっぱり道士が相手だと年季の差が大きいということでしょうか…
(なにぶんほとんどの相手とは修行年数が一桁は違うだろうし…)
あと主人公が一人で強いと話がそれだけで済んでしまうので、
そういう意味では正しいのかも知れませんね(笑)
毎度毎度やられる様子は可笑しいですが…

>いきなり劣勢に
すごい強敵だったのに、その回のうちにさらに強いのが出てきちゃいましたからね(^^;
嗚呼、インフレ…

2010.03.14 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>毎度毎度やられる様子は可笑しいですが…
今回、まるっきり同じ格好で寝込んでるのがやたら可笑しかったです(笑)

>嗚呼、インフレ…
なんか、いろいろ仕掛けが出てくるものの、ちょっと単調に感じちゃうんですよね、このあたり。

2010.03.20 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。