スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封神演義 第二十一集

 これまで宮中劇中心だったのが、一気に舞台が広がってますます快調。

・黄飛虎
 西岐まで残すはシ水関のみとなったが、そこの副将である余化に次々と部下を捕らえれて大苦戦する。ついに自ら出陣を決めて、「相手が術を使う前に急襲すればいい」とか言ってたけれど、なんかふつうに正面から向かっていてそのままあっさり捕まってるんですけど(^^;
 結局、哪吒に助けられて無事に西岐に到着。そして一族を引き連れての亡命は、地位も部下達もかつて朝歌にいたときと同じく、そっくりそのまま迎え入れられた。
 そして、周の開国武成王としての最初のお仕事は、紂王の命で襲撃してきた北伯侯・崇侯虎の撃退。さすがにまっとうな戦さでは強かった。姜子牙の策もあって、簡単に蹴散らすのであった。

・哪吒
 黄飛虎一族全員捕まっちゃって万事休すというところで登場。大量の兵士を従えた余化に対してたった一人で立ち向かうが、見ててほとんど負けそうな気がしないという(笑)ほーらあっさり勝っちゃった、

・姫昌(文王)
 確かに黄飛虎は朝歌にいた頃の恩人であるし、西岐の今の状況からして、厚遇するというのもよくわかるんだが、それにしても軍団丸抱えみたいな度量の大きさはさすがというべきか。これって下手な気をおこされたら国ごと乗っ取られかねないんだよね。なにしろ一族郎党引き連れてやってきてるわけだから。

・姫発
 徐々に殷との対決姿勢が強まる中、出番も増えてきた若君。今回は黄飛虎とともに崇侯虎を撃退した後、さらに崇城を落とすための策を思いついたようである。

・姜子牙
 姫昌との仲良し主従っぷりがほほえましい。ずっと紂王サイドのギスギス・ドロドロばかり見続けてたので特にそう感じるんだろう。前回は仙術で黄飛虎を助けていたが、今回は軍師としての活躍なので、より一般の人間に近い感じ。まあ、今までの経緯からきちんと信頼関係の出来ている西岐軍と、そのあたりがばらばらだった北伯侯軍とじゃ、戦う前から勝敗は明らかだったよな。

・申公豹
 恐れていたように西岐と黄飛虎が手を結んでしまい、とにかくやばいものは早めに潰せ、というわけで崇侯虎を使って西岐に攻め込む。しかし、お互い相手のことは見下しあってるみたいで、まるっきり連携もとれちゃいないという。いわゆる人の和ってやつが欠けた状態じゃ、そもそも勝てる要素ってあんまり無かったような。まあ、直接の原因はこいつの言うように崇侯虎にあるわけだが。

・崇侯虎
 一応四大諸侯の一角のはずなんだが、このヘタレっぷりは何? やっぱり一回しっぽふっちゃうと、人間としても落ちぶれちゃうんでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

No title

>ヘタレっぷり
大王に乗せられてノコノコ冀州を攻めたり、若僧の姫発にあっさり出し抜かれたり、
ワリと最初の頃からこんな人だったような…(^^;
四大諸侯って東西以外はやや名前負け感がありました(^^;

>きちんと信頼関係の出来ている西岐軍と、そのあたりがばらばらだった北伯侯軍
やっぱり対照的ですよね。
申公豹って、やるべきことは結構わかってる気がするんですけど、
そこへたどりつくための地道な下積みをあんまやらんので、その辺の差が出ているのかな~という感じです。

2010.03.05 (Fri) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>四大諸侯って東西以外はやや名前負け
確かに(^^; 崇侯虎って見た目はそれなりにやりそうなんですけどね(^^;

>地道な下積みをあんまやらん
いろいろと小器用で、それなりの結果は出せちゃうから、かえってその辺がおろそかになるんでしょうね。


2010.03.06 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。