スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大唐游侠伝  第二十六集

 このところ仕事が忙しかったせいで、感想アップするのがずいぶん遅れてしまった。

・羊牧労
 視聴者的にはバレバレであったのだが、とうとう自らの正体が摩勒の父・鉄崑崙であることを明かした。と同時にダークサイド落ちのいきさつも明らかになったわけだが、確かにあれだけ地獄を見てしまえばそれまでの価値観がひっくり返ってしまうのも無理もない。そして自分が天下を取って、息子にそれを継がせようというのがこの人の最終目的。それ以外の人間はまるっきり眼中にないので、邪魔だと思えば躊躇無く殺しちゃう、と。
 でまあ、とりあえず今のところはこの人の思うとおりに事が運んでいるわけではあるが、摩勒にとって親しい人を自分の手にかけちゃって、それでもいずれ言うこと聞いてくれるとか考えてるんだろうか? さすがにすぐには自分の思い通りになるとは思ってないようではあるが。

・鉄摩勒
 いくら視聴者にとってはバレバレであっても、とうぜんこの子にとっては青天の霹靂なわけで。今まで仇だと思っていた人が実の父親でした、というのは許容範囲を超えていたようである。ダークサイドに落ちるよりも厭世観にとらわれてしまったみたいで、あえて一度見逃してもらった後も、戦列に復帰しないことを選んだ。
 さてここからどうやって立ち直るのか、あるいはやはりいったんダークサイドに落ちるのか、注目するとしたらそのあたりか。

・韓芷芬
 摩勒のピンチ、だけど段大侠たちは動けないということで、一人で黙って救出に赴くことにした。でも、それってかなり無茶なのでは? 確かに止めても聞きそうにはないけどさ(^^;
 洛陽でやっぱり摩勒救出に動いていた王燕羽と合流したけれど、戦力的にはあんまり増えてないんだよなぁ(^^;
スポンサーサイト

Comment

No title

>厭世観にとらわれてしまった
摩勒って、以前空空児相手に「父親の言うことには従え(=歯向かっちゃダメ)」なんて説教をかましているわけで、
今回のこれも、まだそのラインということではブレてないんですよね。
義という点では羊牧労がやってることは悪なので許せないんだけど、
忠という点で、その羊牧労に立ち向かうというわけにもいかない。
どうしたって板ばさみになっちゃうから、それならもう隠遁するというのは
お約束展開ということもありますけど、流れとしては自然ですよね。
歴史イベントになるとなんかぼやけちゃいますけど、
本筋ではさすがにちゃんと話が進んでいるというのは、安心できますね(笑)

2010.01.17 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>本筋ではさすがにちゃんと話が進んでいる
もちろん、その部分はこれまですーっと仕込んできたこの話のキモの部分ですからね。ここがぐだぐだになっちゃうとそれこそ話になりませんし(^^;

2010.01.24 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。