スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘う君の唄

 もうずいぶん前になるけど、こんなエントリーを書いた。そういえば、このときも女性差別関係の話でエントリー書いてたんだっけ。一応曲の感想なので、音楽カテゴリーなんだけど、そのときの気分が文章に出ている。もちろんそう言う意味を乗せて書いたから当たり前だけど。

 今もあのときと同じように、上から見下ろして嗤うやつらがいる。自衛しろ? 君らの目は節穴か? 彼女たち、多面体さんやakiraさんやフランチェス子さん、その他もろもろ、君らにNo!!を突きつけている人たちが、今まさに、自らを守るために闘っているのが見えないんだろうか? ……見えないんだろうな。自分たちが何をやっているかもわからないんだから。

 私は君らを哀れむと同時に彼女たちを尊敬するよ。どうせわかっちゃもらえないだろうけどね。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

実は、暴力からの回復の過程は、共通しているところがたくさんある。 暴力と一言で言っても、 DVであったり、虐待であったり、いじめ、モ...

2009.12.14 (Mon) | あなたは悪くない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。