スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り急ぎ、二点のみ

12/10 22:15 帰ってきたので追記しました。
コメント欄で、とも考えたのですが、目立つようにエントリーとしてあげておきます。

1.性犯罪の二次加害というのを甘く見ないで下さい。自分が善意の加害者になってしまう可能性を忘れないように。以前ブクマで”血まみれで倒れている人をぶん殴っているようなもの”と書きました。比喩じゃなく、ほぼ文字通りの意味と取っておいて下さい。
 これについては良くまとまった資料を教えていただいたので、紹介しておきます。
「レイプの二次被害を防ぐために―被害者の回復を助ける7つのポイント―」 
 よく読んだ上で、改めて自分がどういう文章を書いているか、胸に手を当ててよく考えてみてください。特にブログやコメント欄に何かを書き込む前に、それを読む人の中に性犯罪被害者が含まれている可能性があることを忘れないでください。

2.総論としての自衛の勧めはまったくといって良いほど無意味です。言ってる人間が「俺っていいこと言った」という自己満足を得る以外の効果はありません。
 どうしても自衛を推進したいんだったら、誰か身近な人から、「最近夜遅くて、帰り道が不安です」なんていう相談を受けた時に、それに答えてあげる。こういう活動を勧めて下さい。
 このとき、ひとつ忘れてはいけないことがあります。守らなければいけないものは何か、それは貞操なんてものなんかじゃありません。その人が自由に、安心して日々の生活を送れるように、学校や職場に通い、友人や恋人や家族たちと幸せな時間が過ごせるように。午後八時以降は外に出るな、外で酒を飲むな、なんて守ると称して抑圧するようなことをしては本末転倒なのです。

 実際に被害に遭われた方に”隙”があるように見えるのは実は当たり前なんです。被害者に隙があるから襲われるんじゃなくて、犯罪者が隙のある人間を見つけ出しているのです。もし見つからなければ隙を作らせることだってしますよ。獣の方がよっぽど扱いやすい、相手が人間だからこそやっかいなのです。そして、人間というのは二十四時間まったく隙を作らずに生活する事なんて出来ません。ついうっかり、なんて良くある話ですよね。要するに原因は襲われた側ではなく襲う側にあるということです。
 そしてまた、万人に通用する自衛策なんてものもありません。以前のエントリーで”銀の弾丸はない”と書いたとおりです。だってね、生活パターンだって家族構成だって、住んでいる状況だって、千差万別、人それぞれじゃないですか。もし本気で自分の身を守ってほしいと願っているんだったら、それぞれが自分の身近の具体的な”誰か”に、その人が笑って暮らせるように、というやりかたしかできないでしょうに。
スポンサーサイト

Comment

よくは解らんが…

如何なる理屈を作っても、被害者側に責任を求めるのはアホだ。
あらゆる犯罪は加害者に責任がある。
単にそれだけの事。
それ以上でも、それ以下でもない。

2009.12.10 (Thu) | あつし #- | URL | Edit

ありがとう

あつしさん
そう言ってもらえるとほっとする

2009.12.10 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

まだ女の落ち度論?

 来週ぐらいになったら、うだうだ考えるエントリー書こうと思いますが、硝子戸の戸締りを忘れて空き巣に入られたら、被害者の落ち度、といっても、それで侵入盗の責任が減らされるってことないですよね。
なんか交通事故で責任を争っているときには、双方の責任を好漁したりするけど。
空き巣もオヤジ狩りの追剥も「治安が悪くなった」とは言われても、「不注意責任」とか「犯罪を誘発した」とか言われないのに、性犯罪はそう言われるというところを、もう少し考えてほしいもんです。
しかし、だいぶ前の「女の落ち度論」でさんざんおちょくった言論なんだけど、根強いね。

2009.12.11 (Fri) | kuroneko #Y.X8w.ek | URL | Edit

No title

kuronekoさん
>だいぶ前の「女の落ち度論」でさんざんおちょくった言論なんだけど、根強いね。
そうなんですよ。毎回毎回毎回毎回毎回毎回、よくもまあ飽きもせずと思うんですけど。女性に説教したくてしたくてしたくてしたくてしたくてしたくてしたくてたまらない人がいるんでしょうね。
やれやれ。

2009.12.12 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

おはようございます。

私はイギリスに住んでますけど、一度うちに遊びに来た友人をバス停まで見送ったとき誰かに生卵をぶつけられたことがあります。性犯罪に比べたら本当に些細なことですけどね。多分、自分がアジア人だからターゲットになったわけではないですが、仮にそうだったとしましょう。それでもし地元の友だちに
「そりゃ悪いのは犯人に決まってる。でも、隙だらけで道を歩いていた君にも落ち度があるね。アジア人は狙われやすいんだから自衛しなよ」
なんて言われたら本当に腹が立ちます(実際はもちろんそんな友人いません)。

- 卵が当たって凹んでいる上に何で責められなくちゃいけないの? 自分は何も悪いことしてないのに。
- 自衛というのが何なのかわからない。家から最寄りのバス停までタクシー乗れというのか? 適当なこと言ってんじゃないよ。
- そもそも何で自分だけが日本人だからって緊張しながら道を歩くような特別なことを要求される? 友人がちょうど終バスに間に合ったんでホッとしてただけじゃないか。 隙があって何が悪い。君らと全く同じように暮らしちゃダメなのか? それを保証できない社会は恥を知れ。

しかしこういう例えも、伝わらない人には
「海外で暮らすなら多少の不便は我慢するのが当たり前」
なんて言われるのかな。

2009.12.16 (Wed) | Kay #MzX1GqX2 | URL | Edit

No title

Kayさん
もうそろそろ話も一巡して、分かる人には大体通じたんじゃないか、と希望的観測を述べておきます(笑)
まあ、それでも通じない人は全然通じないし、そもそもおまえ理解するつもり全然無いだろ、って人もいますけどね。
でも今回、いろんな立場の人たちが、「それは違う」って声を上げてくれたことは無駄じゃなかったと思いますよ。

2009.12.16 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発端は、曾野綾子である。 もう見飽きた、お話。 で、当然のようにあちこちで 「自衛しろと言ってはいけないんですか」 というのが吹き上がってくるのも、悲しいことに、すっかり見慣れた風景。 しかし、粘り強く、説得力を持って そういった「自己責任論」を打...

2009.12.11 (Fri) | かめ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。