スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一のスパコン

 既にニュースで流れているが、次世代スーパーコンピュータの研究開発予算が仕分けによって凍結に近い縮小という結果になった。
「2位ではだめなのか」 次世代スーパーコンピュータを「仕分け」した議論 - ITmedia News
 こんな記事も流れたことから、ネットでは仕分け作業に対する批判的な意見も多く見られ、それを受けてか、文科省はこんなことを始めたようである。
世界一のスパコン本当に不要? 文科省、仕分け結果の意見募集 - ITmedia News

 だが、どうも色々調べてみるとこの研究開発事業、そのまま存続させるのは非情に疑問に思える点が多々ある。なんかヤバそうなプロジェクトの匂いがするのだ。

 上記の記事にもあるが、このプロジェクトは平成24年からの本格稼働に向け開発が進められているもので、総額1230億円を投入して、計算速度10PFlops(ペタフロップス)という、現在最高速の十倍の性能をもつスパコンを開発しようというものである。実現すれば世界でもトップクラスの性能であり、地球シミュレーター以来のトップ1も夢ではないというシステムである。
 だが今回、この価値を理解しない人たちによって阻まれ、計画は頓挫しようとしている……という感想を抱かせる報道である。文科省の動きもこの報道に合わせてのものであろう。

 だが、私にはやはりこのプロジェクトは凍結した方が良いように思われる。以下にいくつか理由を挙げよう。

1.目標と目的が混同されている
 このプロジェクトの目的は世界一の性能を持ったスパコンを作ること、ではない。”世界一の性能”というのは達成するべき目標値であり、正確に表現するなら、稼働時においてトップレベルの性能を確保すること、と表現するべきものだ。「2位ではだめなのか?」というツッコミはこのことを理解していればただの言いがかりではないことがわかるはずだ。
 では本来の目的は何か。大きく二つあるはずである。一つはスーパーコンピューターというハイテク技術の養成そのもの。そしてもう一つは圧倒的な計算力を持ったコンピューターの所有である。そしてどちらの方がプライオリティが高いかと言えば後者である。現在の先端研究では高い計算力を持ったスパコンによるシミュレーションというは必須であり、その意味では「(スパコンなしで)科学技術創造立国はありえない」というのはまったく正しいのだ。
 また、高額の開発費を投入するのであるから、稼働時に時代遅れになるようような性能のものを作ったところで意味が無い。そのときトップレベルの性能を出せるものを作ることで、結果として世界一となるかもしれない。が、それ自体を目的としているわけではないはずである。
 しかし、どうも”世界一のスパコン”というキャッチーなフレーズが一人歩きして、本来の目的を見失ってないだろうか? そして、圧倒的な計算力の確保ということだけであれば、国産にこだわる必要は無い、ということも考慮すべきであろう。

2.実現可能性に疑問符がつく
 目標性能10PFlopsというのは現在の世界一のスパコンに対しては約5.5倍、日本一である地球シミュレーターに対してだと約80倍の性能になる。となれば、現在日本が保有している技術でどこまでできるのか、目標を達成するにはなにが足りないのか、といったところが気になるところなのだが、開発に関する情報は機密扱いでそのあたりは公開されていない。当然実現可能である、という報告は上がってきているわけなのだが、どうもこれがかなりあやしいらしい。
 というのもこの次世代スパコンは計画時に比べると大きな構成の変更があり、当初スカラ計算機、ベクタ計算機、専用機という三つの構成だったものから、まず専用機の部分が無くなり、ついでNECの撤退によりベクタ計算機も無くなってしまった。にもかかわらず、目標性能は最初の計画時に設定した10PFlopsから変わっていないである。ちなみに、今残っているスカラ計算機の計画時の目標性能は1.0PFlops、要するに最終目標の1/10でしかない。いや、それでもちゃんと実現できる目処が立っているなら文句はないのだが、現状ではその情報が開示されていない、当初目標値の十倍にあげなければならないのに、である。1.0PFlopsというのは現時点での世界トップレベルであり、このままプロジェクトを進めたところで、世界一どころか稼働する頃には時代遅れ、外から調達した方が結局は安かった、なんてことになる可能性は充分ある。
 もちろんこれは、今のところ憶測でしかないけれど、事業を存続させたいなら、充分実現可能です、といえるだけのエビデンスを提示してくれないと納得いかない。そういう意味では今の文科省の態度は精神論というか感情論に訴えすぎに思える。

3.日本独自技術というのはもはや意味がないのでは?
 先にも触れたけれど、次世代スパコンからベクタ計算機の部分は既に脱落している。だが日本独自というかもっとも強いとされているのがこのベクタ部である。それが脱落した今となっては、国策として勧める価値はどのくらいあるのか。更に今日になってこんなニュースが流れている。
インテル、スーパーコンピュータ向けプロセッサの開発を発表--NECとの提携も:ニュース - CNET Japan
次世代スパコンから脱落したNECはベクトルプロセッサの技術を持って、なんとインテルと協業だそうである。これはその方が商売になる、という経営判断だろう。こうなると、もうなんのために続けているのか良くわからない。

 というわけで、私としてはこのプロジェクトは潔く中断すること。必要となるスパコンはこれで浮いた費用を使って外部から調達(このままずるずる続けるより、たぶんその方が安い)、あとは若手研究者の待遇改善なんかに費用を回した方が科学技術立国に貢献するんじゃないかと思うが、どうだろう?

 なお、私の情報は主にこちらのブログから得ている。もしかしたら偏りや事実誤認があるかもしれない。気づいたことがあったらご指摘いただきたい。

 
スポンサーサイト

Comment

夢も希望も無い民主党

v-115 事業仕分けは無くてはならないものであるが、その効果は仕分け人の能力に依存している。
次世代スーパーコンピューターやロケットなどの科学技術関連予算が事業仕分け(税金10億円投入)で見送られるようでは、民主党政権には夢も希望もない。
民主党の蓮舫や枝野のような科学技術に無知で、日本の将来に無関心な人物が仕分け人では、致し方ないこと。
毎年2.5兆円の税金を使う高速道路無料化は、無駄な予算であるから、事業仕分けによって廃止してもらいたい。そして、宇宙開発に使ってもらいたい。
民主党には成長戦略が無く、成長のための投資と無駄を区別する能力も無いことが見えてきた。
なお、現在のスパコン性能順位は、1~3位は米国、4位はドイツ、5位は中国、6~10位は米国そして日本は30位以下。

2009.11.18 (Wed) | みちくさ #- | URL | Edit

No title

1.スパコンの需要は常にあり、一カ所に集めた方が管理の面で容易。国家的なパワーゲームによりスパコンを急に売らないとか値段を10倍にされた場合どうするんでしょ。
2.実現可能性がわかっているようなものなどナノテクではない。そんなことを行っていたら何にも金を出せない。
3.事業仕分けの結果を受けての提携なら、国の対応がこういう結果を招いたと言うことですね。相手の国家に振り回されるようになるというリスクも背負うと言うこと。

2009.11.18 (Wed) | 名無し隊員さん #- | URL | Edit

No title

みちくささん
こめんとありがとうございます。ですが、エントリー本文を読んだ上でのコメントでしょうか?
私はスパコンに予算を割くこと自体を否定してはいませんし、仕分け事業全体を肯定してるわけでもありません。
ただ、スパコンに関して言えば、今行われているプロジェクトでは存続の意味が無いように思える、と言っているのです。
仕分け事業を批判するのはかまいませんけど、それならそれで批判の仕方があるでしょう。あなたのやり方では批判そのものが力を失ってしまいますよ。

スパコン性能順位に関してですが、トップ10以上に気にしないといけないことがあるようです。
詳しいことはこちらをどうぞ。
http://japan.cnet.com/blog/petaflops/2009/11/17/entry_27035425/

2009.11.18 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

No title

>名無し隊員さん
1.現在既になぜか日本だけ馬鹿高い値段でスパコンを調達してます。なにやってんでしょうか?どこかの陰謀ですかね?

2.実現可能性がない、じゃなくて、それが実現可能ですよ、ということをちゃんと説明してね、って話ですよ。当初計画から変わってるんだから、その変更を受けた後でも目標を出せる、というちゃんとした説明が必要でしょ? NECの撤退はアクシデントなんですよ、そのリカバリーがどうなっているのか説明責任はあるはずでしょ?
3.国家に振り回されるねえ。NECがスパコンでインテルと協業するという時代にですか? 

2009.11.18 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

スパコン

11月22日のサンプロで財部さんが、「日本のスパコンの開発は日本の自動車産業に必須」と云う様な事を云いましたが、其れは私書に示した過去の多くの例と同じく「文系人の聞きかじり」で、本人は嘘を付いているつもりは無いのでしょうが、世論や政治を誤った方向に誘導し、税金の無駄使いに繋がる。

日本の自動車や家電は大量生産と国際的大量販売依って国家経済に寄与している。スパコンはその開発過程の道具として、適当な価格で買えれば「有った方が便利」と云うだけで、生産時点で必要な物では有りません。

「初代スパコン」が市販されたのは約20年前の「日米自動車摩擦」の頃で、日本は大量の車を米国に輸出したので、換わりに政治判断として米国のスパコンを買ったのです。それは当時の新聞にも載っています。買った以上は使いますが、衝突テストを不要にする様な能力は無く、価格も10億円程度で輸出車の総額と対比出来る額では有りません。(具体的には非線型有限要素法の計算に使うが、実物テストの傾向を探るだけ)

今回はその上を行く「スパスパコン」と云うべき物で、益々使い道は限定され、日本経済を支える金額の売上は期待出来ず大赤字でしょう。米国は軍事大国の地位を守る為、赤字でも開発は必須ですが、日本は武器技術の輸出が出来ないので、更に大赤字。GMを倒してしまった日本の自動車メーカーは開発用ツール位は再び米国製を買わざるを得ないでしょう。しかも民間で「スパコン開発」に参加して居るのはF社だけだそうですが、家電戦争に負けたから、税金にぶら下がろうとして居るのではないか。日米戦争に参加するなら、家電で勝ってからにして貰いたい。

「スパコン」以外にも、日本の自動車屋は米国の先端軍事技術をちゃっかり安く頂戴して大量生産して日本経済を支えているのです。昭和から平成への技術世界史「技系帝王学」を忘れて貰っては困る。

更に財部さんは「世界のCo2の未来予測計算」に必要と云いましたが、日本が求められている「25%削減」に対する手段の開発、つまり「てめえの頭の上の蝿」には関係ないでしょう。

351-0005 朝霞市根岸台7-26-17 岡田元浩

2009.11.29 (Sun) | 岡田元浩 #C7dY1mBA | URL | Edit

No title

岡田元浩 さま
コメントありがとうございます。
スパコン開発はいいにしても、CPUから開発しなきゃならない理由ってなんでしょうね? 開発したところで、結局スパコン用途だけじゃかけた費用の回収は無理ですよね。世界について行こうとしたら今回で終わりではなく、引き続き開発を続けて行かないといずれは取り残されてしまうでしょうけれど。IntelにしろIBMにしろAMDにしろ、パソコンなり組み込み系なりの収益を開発費に回せる相手なので、それを相手に渡り合うのは無理じゃないかと思うんですけどね。

2009.12.01 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

いまさらのレスだけど

やはり技術的なことにくわしいかたは、
理研のスーパーコンピュータは仕分けされてやむなし、
という意見のかたが多いですね。
わたしも、高野氏の記事を見た程度ですが、
これは仕分けされても無理ないと思いましたよ。
http://opinion.infoseek.co.jp/article/662

仕分け人は科学がわかってないという批判もありますが、
実際にはよく勉強していると言われています。
むしろ発表(プレゼンテーション)がうまくなかった
官僚のほうが不勉強ではないかと思います。

それから、パフォーマンスと言う人もいるけれど、
ノーベル賞受賞者がこぞって抗議したほうが、
ずっとパフォーマンスだと思います。

2010.01.30 (Sat) | たんぽぽ #ZiqE0vWU | URL | Edit

No title

たんぽぽさん
おひさしぶりです。
スパコンの話は、プロジェクトとしての筋の悪さというのもあるんですが、擁護する側が妙にナショナリズムに訴えかけているというのも気に入らないところでした。
以前ブクマにも書いたんですけど、科学技術への支援っていうのは、人類全体への奉仕って意味があると思うんですよね。まあ、理想論かもしれませんけれど。

2010.02.06 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子どものころかそれほど勉強ができるほうではなかった上に、終始一貫、怠け者で、苦手分野を頑張って克服しようという努力もしていないので 世の中、わからないことだらけだ。 特に理数系。 数式とか、化学式を目にした途端 「あぁ、ごめんなさい、ごめんなさい」 ...

2009.11.19 (Thu) | かめ?

またまたいまさらだけど、「事業仕分け」の記事です。 「「行政の事業仕分け」について」(PDF) 「スパコンで"世界一"になるとはどういうことか?」 ふたつめの記事は、槍玉に上がった 理化学研究所のスーパーコンピュータのことです。 話題に乗り遅れて調べるのいまか?...

2010.01.13 (Wed) | たんぽぽのなみだ~運営日誌

「事業仕分け」に関する、さつきさんのエントリです。 「事業仕分け」の前に、既に「仕分け」されている(追記あり) 」 テレビに映ったところばかりが目立ちますが、 「仕分け」に関わった人は、よく勉強していると言われています。 むしろ、発表(プレゼンテーション)...

2010.01.30 (Sat) | たんぽぽのなみだ~運営日誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。