スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココア/遊佐未森 & 紅茶/坂本真綾

 長いこと新曲をチェックすることも無くなっていたのだけど、ITMSのサービス開始の日に見つけて思わず買ってしまったアルバムに収録されていた曲。声の美しさは健在で、それだけでも嬉しくなる。
 一時期、どうしても曲にも歌詞にもピンとこなくて離れていたのだけど、久しぶりに聴いたら、なんだかとても良くて、夢中になって聴いていた頃が戻ってきたような感じだ。
切ないね 夢だけが
ほろ苦く やぶれたの
終わらない 思い出は 
行き場もなく さまようだけ

 幼い恋を終わってから振り返って、思い出をたぐり寄せてるようだ。ココアはきっとその鍵なんだろう。

 ところで、この曲を聴いて思い出したのが坂本真綾の紅茶という曲だった。曲のタイトルが飲み物っていう共通点だけでなく、その雰囲気やシチュエーションが非常に似ているような気がしたのだ。
ずっと変わらないと抱きしめては
何もかも手に入れたと思っていたよ
この手に残るものはたったひとつ
君は私の最初の恋人だった

 もし両方聴けるようだったら比べてみて欲しいな。紅茶の方はまだITMSには入っていないからアルバムを買わないとならないけどね。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。