スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車通勤を始めてから

 始めるまでの話はこちらこちら

(6)少しルートも考えなくちゃ
 自転車通勤に関しては、実際に走り始めてみないと気づかないところというのも結構ある。道の走りやすさなんていうのもその一つで、休日に一回走った位だと、そのルートが一番かどうかなんてのはわからないものである。そりゃ、一般道なんだからサイクリング道みたいには行かないのは当然ではあるけれど、やたらと交通量が多かったり、変則的な交差点があったり、なんて場所が途中にあると、それだけで結構気疲れする。理想はすべての道路に自転車走行レーンがあることなんだけど今のところさすがにそれは望めない。せめて路上駐車がもう少し減ってくれるとだいぶ走りやすくなるんだが……、坂道がほとんど無いのは救いなんだけどね。
 とはいえ、そんなことを願ったからといってすぐにかなうわけでもなく、自分で走りやすいルートを見つけるしかない。交通量がなるべく少なくて、かつそれなりに幅のある大きな通りというのが走りやすい。交通量が少なくても狭くて見通しの悪い道というのはあんまり良くはないのである。
 色々と道に迷ったり、平日だけでなく休日もルート開拓に出かけたりして、まあまあ満足できるルートを見つけるのに、やっぱり一月くらいはかかっただろうか? 少しだけ遠回りになるんだけど、おかげであんまり通りたくないって思える場所は何カ所か避けることはできた。未だに出来れば迂回したい場所はあるんだけどね(^^;

(7)筋肉痛が……
 さて少し自転車に乗り慣れてくると、少し遠くまで出かけてみたくなるものである。そして休みの日に遠乗り(つってもこのころはせいぜい往復で30kmとか40km)してみたりするのだが、大体調子に乗って走った翌日に筋肉痛で苦しめられるというパターンに陥っていた(笑) まあそりゃ、いままで全然走ってなかった人間がいきなりそんな距離を走ったら筋肉痛くらいは出るよな(^^;
 それに平日の通勤も月曜から初めて木曜とか金曜になると疲れがたまるのかペダルは結構重かった。そんなわけで一週間まるまる自転車通勤というのはなかなか出来なかったり。今は全然平気になったけどね。

(8)サドルを少し上げましょう
 実は筋肉痛とか疲れの原因としては、サドルの高さもあったようだ。サドルの高さってかなり大切で、ペダルを踏む力を無駄なく推進力に変えられるようにちゃんと調整しておかないと疲れやすい。私の場合、初心者ということで少し低めにしてもらっていたんだけど、慣れた時点で再度高さを調整、少し高くしたところ大分疲れ方が減ってきた。最初はとても高く感じたサドルだったが、快適に走るにはこの高さが必要なのだ、と納得したのである。

……まだつづく
スポンサーサイト

Comment

ご迷惑なら自重します。

頻繁にコメントしてすみません。
おなじ自転車通勤する者からすると「あるある」と感じることが多く嬉しくなってしまうんです。

自分は遅刻の心配がない帰りに色々ルートを模索していました。
出勤時間が固定ではないので、時間によっては不向きなルートがあったりします。高校の近くは登校時間と重なるととても走りづらい道になりますが、始業時間を過ぎたら問題なし(むしろ走りやすい)ってこともありました。
それと、早帰りに日に心地よい気候のときは結構遠回りもしますね。

一ヶ月近く走った頃自分は腰にきました。痛いのではなく重く感じてしんどかったです。今では殆ど感じませんが、向かい風が続いた日には似たような感じになりますね。

確かにサドルの高さは低いと強烈な「もも上げ運動」になりますよね。鍛えるつもりならありかもしれないけど、あくまで通勤がメインですからそこまでするつもりはないです。

2009.10.23 (Fri) | nobu #1rNpmKtY | URL | Edit

迷惑だなんてとんでもない

むしろ大歓迎です。がんがんコメント入れてください。

>時間によっては不向きなルート
確かに時間帯によって差はでますよね。私の場合も行きと帰りでは微妙にルートが違っていたりします。

>心地よい気候のときは結構遠回り
これもしますね~。自転車だと、ルートの自由度が高いですから。


2009.10.23 (Fri) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。