スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

康熙王朝 第五十集

 ついにここまでたどり着きました!
・玄燁
 在位六十年のお祝いは、全国から同い歳のじいさまを集めての大宴会(笑) このところ見てて神経がピリピリするような場面ばっかりだったので、久しぶりに愉快そうな皇上を見るとちょっとほっとする。もっとも、時々容妃に話が振られるので、そこでやっぱり現実に戻されちゃうんだが……。
 そして宴席で容妃が亡くなったことを知らされ、楽しかった宴もお開きに。死んだ彼女のために、皇后の位を授け、更に生前の名誉も回復してやろうとする皇上。そういうことは生きているうちにやってやれよ、つうかずっと待ってたんだから会いに行ってやればいいのに、とか思ったんだが、どうやら誰にも言わずにいた思惑があったようである。
 実はババ様の遺言が本当であることには気づいていたが、それに従ってインロンを皇太子にして置くわけにはいかないと、あえて逆らおうとした。そのために容妃に罪を着せて冷たく当たったというのが本当のところらしい。これで全部が腑に落ちるわけではないけれど、そういうことか。今までもそうだったけれど、皇上自身、情がないわけじゃないんだが、大清とどっちを取るかということになると、迷わず情の方を捨ててしまうということか。
 東亭と二人で始まったこの話、最後に残ったその親友が逝った後、ついにこの人も天に帰る時がきた。
 東亭にだけ明かした後継者は結局皆の前で発表されることはなく、いったい誰だったんだろうね?

・容妃
 華やかな宴の裏で、結局奴隷のまま皇上を待ち侘びながらお亡くなりになってしまった。ってオープニングのあの場面てここかよ(^^; 彼女が奴隷として働いていた姿を見たものは全員殉死させろっていう皇上の命令は、死んだ後彼女の名誉を守るためだったのか。でも、どんな死後の栄誉より、お忍びで良いからやってきた皇上とお祝いをしたかっただろうな。

・明珠&索額図
 すっかり枯れて、いい爺ちゃんになっている上に、いつのまにか仲良しになってるのに笑った(笑) そして、皇上に祝いの杯をこっそり受けてもらって、感激して泣いちゃってるのにこっちも笑い泣き。なんだかんだいって、この二人もいいキャラだったよな。むしろあそこで強制的に権力闘争から降ろしてもらったから、今みたいに穏やかに飲めるのかもしれない。

・魏東亭
 すっかり爺さんになって久々の登場。東亭で始まり、東亭で終わるというのは美しすぎる気もするが、人生の最後まで皇上とつきあえるのはもはや彼しか残っていなかったんだよな。思い出してみると、幼なじみであり親友の彼に疑いを持つ、というところから皇上の孤独って始まっていたとも言えるんじゃないだろうか。最後の最後で皇上は彼に本心を話していたようにも思える。なんか色々考えちゃうね。
スポンサーサイト

Comment

気になる…

 このところ、ずっとこちらで表示されている「Ads by Google」が天皇在位記念品の販売サイトだったんですよ。
ところが今現在↓な表示が、気になるわ面白いわ(^^;

還暦のちゃんちゃんこ販売
還暦祝い赤ちゃんちゃんこセット販売帽子・扇子付きのセット4,800円~

2009.10.11 (Sun) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

NoTitle

おつかれさまでした(-入-)
結局一月ちょっとで制覇してしまいましたね~。

ところで、こんな時に余談ですが、
うちゃさんいつ頃から鑑賞開始したっけ?と思って過去記事を見返したら
第一集の感想でスマラグがスクサハになっているという致命的なエラーを発見してしまったのですが、
見なかったことにしておきます。


>オープニングのあの場面てここかよ
ほんと、あっちのドラマはこんなんばっかですよね(^^;
途中まで(正式に尼さんの格好して出てくるまで)あれはスマかと思ってたんですが…

>索&明
「朱三太子」の名前が出ると、索額図爺、決まり悪そうにしてたりして、芸が細かいんですよね。
年齢的にはもう働き盛りをとっくに越えていたので、ある意味今は楽隠居と言えなくもないんですが、
でももっと違う未来もあったんだろうなぁと考えると、何とも侘しさを感じてしまいますね。

2009.10.12 (Mon) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

NoTitle

>赤ちゃんちゃんこ
たぶん六十年のお祝いでひっかかったんでしょうね。天皇関係は、皇上って大量に書いているから(笑)

2009.10.12 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

NoTitle

>スマラグがスクサハに
あうう、直しておきました。多謝

>あれはスマかと
私も、誰だかずっとわかってませんでした。

>もっと違う未来
そうですね、引き返せたはずのポイントは結構ありましたからね。
ただ、この手の話だと失脚した後はほとんど報われずに悲惨な最後をとげる事の方が多いように思うので、私としては、やっぱりこうやって生き残って一緒に酒が飲めるというのは良かったよな、という想いの方が強いです。

2009.10.12 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。