スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

康熙王朝 第三十九集

 いくら素直に本音を話せと言われても、TPOもわきまえずぶっちゃけたら……そりゃねえ。
・玄燁
 年代を重ねたことで、能力的に皇上に匹敵する人ってもうほとんどいなくなっちゃったんだよな。なんか今回李光地を叱責する場面でそれを強く感じだ。台湾編じゃこの人自身が明珠と索額図の勢力争いにうんざりして、病気にまでなってしまっていたが、ちょうど今の李光地がその立場に近いんだろう。今回、彼を叱ったのは、そこを乗り越えて自分の所まで上がってこい、ってことじゃないかと思う。ちょっと考え過ぎか?

・李光地
 明珠と索額図の間に挟まって身動き取れなくなってる光地。もうこの人はこういう星の下に生まれたとしか(笑) しかし福建の時とは違い、今度は後継者争いなんてものまで関係しているから、この人がいっぱいいっぱいになっちゃうのも無理はない。たまりかねてスマに相談に行ったところ、皇上に包み隠さず打ち明けなさいというアドバイスをもらう。
 それに素直に従って、洗いざらい打ち明けちゃったんだが、いくならんでもちょっとぶっちゃけすぎじゃないか? と思ったら案の定怒られてしまいました。……そのおかげで一時的にしろ明珠と索額図が一時休戦したのは皮肉というか(^^;

・索額図
 アメとムチでうまいこと李光地を取り込んだつもりでいたのに、皇上の前でぶっちゃけられて大慌て(笑) やるかなー、と思っていたとおり、あっとゆうまに李光地を切り捨てにかかっているのに笑いました。この人って、他人からは”鷹揚な大人物”と思われたがっているし、自分でそう思われてると信じてる節があるけど、根は小物なんだよね。実はそれ皇上にも見透かされてるし。

・明珠
 索額図とやってることがまるっきり一緒(^^; 二人とも自分の身内を世継ぎにしたいという思惑があるんだから、行動が似通ってくるのはわかるんだけど、それにしたって他に思いつかないのか(笑) 情実人事の件を李光地に暴露されちゃったので、皇上の前で索額図たちと一緒に並ばされて弁明に必死になってるところがおかしい明珠であった。で、たぶんその弁明って皇上にはやっぱり見透かされてるんじゃないかと思う。

・インロン&インスー
 最初の頃の仲良し兄弟の姿はもはや無く、政敵として相手を牽制しあう姿には、そういうもんだとわかっていてもちょっと悲しいものがある。普通の家に生まれていれば、こんなことにもならなかったんだろうが……。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

スマのアドバイスを受けて、最初はこっそり内密に、ってつもりだったと思うんですけどね(^^;
いざ皇上に会いに行こうとしたら明珠に捕まったり、蒙古からの使者で皇上が忙しかったりで
いろいろタイミングが悪くて、進退窮まった挙句にああなった様子が可笑しかったです(^^;
まあドラマとしては、これだけ暴発してくれたほうが楽しかったですね(笑)

2009.10.04 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

NoTitle

>進退窮まった挙句
李光地って基本的に真面目で、スペックも高いから、どうしても間に挟まれちゃうんでしょうね。それでどんどん追い込まれてしまうという(^^;
本人はいっぱいいっぱいなんですが、見てる方としては面白いです。

2009.10.04 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。