スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

康熙王朝 第十八集

 やっときた反抗期?
・玄燁
 ババ様への言い訳が鰲拜の時とあんまり変わらないことに受けてしまった。で、あっという間にばれちゃうのも一緒。違うのは今回はそれでも自分の我を通したこと。しかし、未だに読みの深さではババ様には及ばないのだが。まあ、まだまだ若いと言うことを考えれば無理もないんだけどね。
 後半は、周培公を探しにお忍びで町中に繰り出していた。庶民がお上の悪口言ってる中でしれっと豆腐食ってる姿がなんかおかしい。

・太皇太后
 孫の初めての本格的な反抗にびっくり仰天して倒れちゃいました。三藩の危険性はこの人も十分承知しているんだが、本格的に敵対するには世代交代を待った方がいい、っていう方針なんだよね。戦乱を生き抜いた連中のしぶとさを肌で知っているからこの認識なんだろう。逆に言うと、代替わりしちゃえばなんとでもなると考えてる訳か。刃向かう気ならとっくにやってる、というのはその通りだよな。

・呉三桂
 表向きは廃藩の命令に従うようにみせているが、その実、軍を解体するための莫大な費用を朝廷に請求することで引き延ばしを計っていると。なんかどっかで聞いたような話になっていると思うのは気のせいか(^_^;
 納得できない部下たちの姿をあえて朱国治に見せつけ、しかも不満を漏らした部下をその場で処刑してみせることでプレッシャーをかける。なまじ物腰が低いだけに、不気味な迫力があるよね。

・周培公
 科挙は受けたものの、皇上の名前である玄の字を使ってしまったために試験場から閉め出される。なんつうか、不器用を絵に描いたような人だな。皇上が自分から探しに来てなければ、そのまま行き倒れていた可能性がでかい。推薦人の伍先生と違って皇上の身分はすぐに見抜いたけれど、これは皇上が成長して皇帝らしいオーラが増したということもあるんだろうね。

・朱国治
 廃藩の命令を伝えに雲南の呉三桂の元に赴くが、色々とプレッシャーをかけられている。敵中にほぼ孤立した状態だからねぇ。使用人の贈り物なんてうっかり受け取れないよなぁ。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

バレバレなのに「大臣たちに押されて…」とか言ってるのは笑えますね(^^;
そういえば確かに両親共に幼い時に死んじゃったから、反抗期らしい反抗期もなかったんですね。
そっちでダメフラグを立てつつ、おしのび編で息抜きさせてくれるバランスは相変わらずです。

2009.09.13 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

NoTitle

>バレバレなのに「大臣たちに押されて…」とか言ってる
未だにババ様はちょっと怖いんですよね(^_^; ほんとのこと言ったら怒られると思うから、バレると分かってもつい口に出ちゃう(^^;

2009.09.14 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。