スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

康熙王朝 第八集

 あまり楽観視できる状況ではないのだが、あんまりどよーんとした感じにはならないんだよな。うまくバランスが取れているというか。

・玄燁
 努力の甲斐あって科挙に合格する。それも第三位なんだからたいしたもの。勢いに乗って、蘇克沙哈の鰲拜告発から一気に親政に持ち込もうとするが、本人が思っているよりもずっと勝算は薄い模様。
 確かに皇上優秀だし、最近真面目にやってたから本人のレベルはあがったけれど、まだ周囲に味方が少なすぎるんだよな。科挙合格でなまじ自信がついちゃったからよけいに危なっかしいというか。

・済世
 玄燁がこっそり受験していたことを後から知らされてびっくり。それと知らずに第三位である探花に推薦した後だったからよけいにである。そして、もう教えることは無くなったからと、玄燁に卒業を言い渡して故郷に帰る。短いつきあいだったけれど良い師傅でした。

・スマラグ
 鰲拜排除にやる気満々の玄燁に不安を覚え、早馬を飛ばして太皇太后の元に相談に行く。そして、皇上が負けると聞かされて、会議への出席を止めるためにとんぼ返り。しかし、ちょっと間に合わなかったようである。

・太皇太后
 いつものとおり全部お見通しというわけか。今回北京を離れたのは、この機会に大臣たちが動くことを見越してのこと。そしてその結果皇上が負けることも織り込み済みという感じである。どうやら権力闘争の恐ろしさを知ってもらおうというのが真意だったようである。
 スマはもちろんこの人に全面的な信頼を寄せているわけだが、この人の方もなにかあったらスマが知らせてくれるはず、と信じていたんだよね。

・蘇克沙哈
 やっぱり詰めが甘いというか、鰲拜と内通している班布爾善をまったく疑っていないところがこの人の限界。たぶん四人の中では一番善人というか、権謀術策をめぐらすタイプじゃないんだろうな。正義の人と評されていたのもそのせいかも。
スポンサーサイト

Comment

なんだか

ペースが加速しているような気がするんですが、気のせいでしょうか?(^^;

>それと知らずに第三位である探花に推薦
ここ、目の前の相手が書いたからってのを知らないからというのもあるんですが、
龍児の答案を、言葉を並べてベタ褒めしてくれる師傅がうれしいですよね。
やっとこれだけ認めてもらえたんだ、って。

>バランス
クライマックス、きな臭いことが始まりそうだと察知するや否や
速攻でボケ演技がスタートする索尼のおじじに爆笑しました。
蘇克沙哈の鰲拜告発の悲劇的な終わりが見えているだけに、
ここでもやっぱ見てて一息つけるんですよね(^^;

2009.09.06 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

NoTitle

>ペースが加速している
あはは(^^;

>言葉を並べてベタ褒めしてくれる師傅がうれしい
そうなんですよね、いったんは落ちたと思っていたわけだから、皇上にしてみてもよけいに嬉しいでしょうね。

>速攻でボケ演技がスタートする索尼のおじじ
いや、ほんとに役者ですよね。もう今にも死にそうになってるし(笑)

2009.09.07 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。