スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAR WARS EPSODE V 帝国の逆襲

 旧三部作の中で一番好きなのがこの帝国の逆襲だった。冒頭の氷の惑星の戦いはさすがに新三部作の戦闘シーンを見た後だと画面が寂しく感じるが、当時は凄いと思ったんだよな。でも、CGで作られたシーンとは違う、生っぽいところはかえってリアルに感じる。
 このあと、ヨーダや銀河皇帝が登場したり、ルークがジェダイの修業を始めたり、ハンとレイアの仲が進んだり。ストーリー的には一番いろいろ詰め込まれていて、最後にダース・ベイダーがルークの父であることが明かされる。エピソードIから順に観ていれば既にわかっていることだけど、IVから観ていれば衝撃の告白。しかし、見直してみると「父子で銀河を支配しよう」という誘惑の言葉は彼なりの親子の感情だったのかもしれない。
 でも、やっぱりちょっと疑問が(^^; R2ってヨーダのことは覚えていなかったんだろうか? 記憶は消されていないはずなんだけど。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。