スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黙れと言ってるわけじゃない

こちらのエントリーへのお返事として。
 hokusyuさんのブクマコメントの件は、すでに当事者二人の見解が出ている以上、今更あらためて私の見解を述べる必要もないと思う。どうしてもというのであれば別だけど、とりあえずそちらの件は終わりにしたい。

 さて、少し誤解されているように思うので、もしまだ読んでいないのであれば先行する次の三つのエントリーを読んでもらいたい、
Eros or Violence
コメントにお答え
ブクマにお答え
 はっきり言って大幅に誤解されていると思う。まず私は法規制を推進したいと思っているわけではない。むしろ今のまま法規制に進むの反対で、それは逆に抑圧を強める結果になるのではと危惧している。
 そしてまた、furukatsuさんに対して「黙れ」といった覚えもない。
先のエントリーにも書いたとおり
他人の自由が侵害されている時に止めようとしない者は人権を主張する資格が無い

これは順序が逆だ。こう書いたはずだよ
ヘイトスピーチの自由を認めるというなら、それによって蹂躙される誰かの自由だって守られなきゃ、自由を守ったことにゃならんだろうが。
「黙れ」じゃないんだよ、「君はどうするつもりなの?」って答えを聞いてるの。黙って欲しいわけじゃない。もちろん答える答えないはfurukatsu さんの自由だ。ただし、答えない場合はどういう評価をするかはわかるだろ? もちろん、私が彼をどう評価しようが私の自由のはずだよね。

ヘイトスピーチの基準と対策に関してだが、

まず多面体さんは議論の場に自ら出て来て主張されておられる人なので、保護を求めているならばともかく、ある程度の反論に晒される事になるでしょう。

もちろん公開の場に出てくる以上、反論に晒されることはリスクとして許容しなければならないよ。けどね、それには限度がある。初期の惨状を見たであろうか? 彼女の粘り強さと誠実さには敬意を覚えるが、誰もが彼女のように振る舞えるわけじゃない。あれを見て「こんな目にあうんだったらおとなしく黙っていよう」と考える人が出てきても不思議じゃないだろう?
「歴史の証言者を嘘つき呼ばわりする歴史修正主義者」は裁判で名誉毀損で敗訴しております。これは個人を相手にした明確な人権侵害です。

残念ながら、すべての被害者が裁判を起こせるわけではない。この判決はある程度の抑止効果はあるだろうが、あいかわらず嘘つき呼ばわりする人間は後を絶たない。更に言えば、こんなことも起こっているわけだが、これは表現規制じゃないのか?

わかるだろうか?「ヘイトスピーチを認めることで誰かの自由が蹂躙される」というのはこういうことだ。そしてこれは仮定の話じゃない、現在目の前で起きてることだよね。だからといって一足飛びにヘイトスピーチそのものを法規制するのは行きすぎだと思う。あなたの言うとおり、その前に出来ることはある。だから尋ねてるんだけど、「君はどうするの?」って。

で、そもそもなんでfurutatsuさんが批判されたか分かってます?
スポンサーサイト

Comment

お返事ありがとうございます。

uchya_x様

お返事ありがとうございます。

uchya_xさんが「黙れと言っている訳では無い」と仰って頂いております以上、「表現の自由の制限」を論じておられておらず、道義的にfurukatsuさんを批判されているのだと言う理解でよろしいでしょうか?

その場合、私は反対意見が無く、主語の無い文章で誤解を招きました事、個人的感情で論旨の見えぬブックマークをしてしまった事、誤読により誤解をしておりました事をお詫びします。

furukatsuさんが批判されている理由も存じておりますし、私も彼の「知るかボケ」は間違っているし、Apemanさんの批判についてもその通りだと思う、という旨既にエントリー(http://d.hatena.ne.jp/nppaemon/20090716 の)で書いております。uchya_xさんが彼を批判するのもご自由です。ここまでは私の誤読によって起りました齟齬ですので、これは申し訳ありませんでした。
ブックマークは訂正もしくは削除した方がよろしいでしょうか?

残りはヘイトスピーチの規制に関してですがこの辺りは合わせて提示されました論点ですが、これは私個人へのご返答ですので個人的見解を述べさせて頂く事になります。

まず第一に、私は凌辱表現ゲームを含むヘイトスピーチの一律の「法規制に反対」をしております。何度かエントリーに書いておりますが。
個別具体的な被害から先には既に成人向けゲームやマンガやアニメに関しましてはグラデーションなゾーニングがあるように、程度に応じた対応を模索しているからです。

「見たく無い物を見ない自由」を維持する努力は業界側でなされております。感情的に傷付く方が「不意打ち」で見ない様にする努力は続けてゆき、止めるべきでは無いと思います。
多面体さんのコメント欄に関しましては私は彼らの場所を選ばぬ主張やその方法には当然反対です。ですからそこにfurukatsuさんが「突撃」する事を避けたかった訳です。しかし彼らが表現の自由を主張した事その物を批判はしません。「場所と相手を弁えよ」彼らが行った事はそう批判されるに値すると思いますが。そしてあれを止めずに見て居た事が罪であるとしたら(放置は差別ですから)あの場に居たほとんどの人もそうでしょう。チキンである事は認めますが、その事で私が表現の自由を主張する事を止めるのは出来ません。
(uchya_xさんがそう言っているのでは無い事は承知しておりますが)

「性暴力の表現の消費」をしている自覚は製作者や消費者を含む社会全体に広めるべき、というuchya_xさんの主張にも賛成です。ゲーム中の表現については、あらかじめ「犯罪行為に当たる行為が描かれています」「ゲーム中の行為を行うと犯罪に問われる場合も有ります」との注意書きもあります。これはグインサーガの謝罪や訂正に代わる「事前警告」に当たります。これで十分なのかどうか、他に対策があるのかどうか等は議論があってもいいかと思います。業界側からも反論はあるでしょうが、その辺りは業界側も「社会との綱引きを止めない事」が必要だと思います。ここ数年で倫理基準も何度か変わっていると聞き及んでおります、具体的内容は避けますが性表現のあるマンガよりはよほど厳しい基準となっているようです。
私が反対するのは山谷えり子議員を初めとする強権的な規制と、存在その物を認めぬような議論、そして我々の表現の自由を認めぬ議論です。

「こんなこと」とリンクされた問題ですが、不勉強にて存じませんでした。しかし私は差別問題を放置せよ、とは言っておりません。私がヘイトスピーチ規制に関して問題にするのは「実効性」です。
私は在特会ごときの主張に賛同した事は有りません。
ただし彼らの存在や主張を法規制で完全に封殺して良いかと問われれば否、と答えます。それは表面上の浄化だけで実際の差別の解消には役に立たぬと考えるからです。個別具体的な被害が発生していない場合、これらの対応も程度に応じて行うべき、と思います。
ヘイトスピーチに類する表現もさまざまです、これらの対応は程度の問題に応じてグラデーションで対応して行くべきです。例示された件は特に酷く、明確に「黙れ」というメッセージであり、私の特に問題とする「誰かへの強制」です。この場合、実際に脅迫に類する行為だったのでしょうから。そして非常に「狡猾に」行われた事を認めます、「法の穴」を突く様に市役所への「抗議行動」と言う形を取ったのですから。

しかし、これを私がどうやって止める事が出来るでしょう?
私は神では無いので全ての場所に居る事は出来ないですし、彼らをなぎ払う権力も持っていません。法の知識も特に無い。そして何よりこの問題を知らなかった様に時間も、モチベーションも、財力も限られています。
その事で私が表現の自由を主張する事も止める訳には行きません。「全ての差別問題が解消」するまで私の表現の自由が制限される等とuchya_xさんも主張はなさらないでしょう?
そして他の表現への弊害を恐れるが故に、私はやはりヘイトスピーチへの一律の規制には慎重にならざるを得ない。この様に「特に悪質な物」を分離する方法論が法には無いからです。やはり対抗言論によって中和するしか無いのでは無いでしょうか。私が身近な人間に私「在日韓国人にもこんな人も居る」友人「いい人も居るのも分かっている、でも…」と言う会話をチャットで話し続けるのも、ささやかながら対抗言論の一つの形だと思って居ます。

しかし、私にとって優先順位が発生してしまうのは神ならぬ身、当然の事です。表現規制への反対を第一に掲げる以上、上記の事件の問題は私にとっても大きな命題として残り続けるでしょうが、しかしそこで「苦悩して考えよ」と言われれば私自身は否定しませんが、他の人にそれを語るのは道徳論としてしか機能しないでしょうし、私を含め皆が幾ら苦悩して知恵熱を出した所で現実の差別は解消しないのですから。

私の「できる事」は今の所下記にある通りです。

>撃つべき相手は同じ、はずなんだけどなぁ。(提示いただいたリンク先の文章から引用)
には具体的にはどなたの方は分かりませんが、差別の主体である「世間様」をどうにかしなくては、とは思います。そして

>「君はどうするの?」

へのお答えなのですが、しかしここでやはり個人のリソースの問題が発生します。私個人は自分の経験から性被害者に対し「同情」の念は覚え募金位はしたいと思いますが、こんな微々たる物では社会が動く訳もありません。私は何の権力も持たぬ一般市民です。社会的問題を解決する為には政府があるのですし、今は幸いにも政権交代の可能性も見えているのですから福祉政策や人権問題に熱心な政党に投票するのもいいでしょう。私の票は1つしか無いので、どうしても私が問題にする表現規制問題の為に使わざるを得ません(幸い民主党か社民党でしたら両立も可能かと思いますが)。
ここまでは私の事情です。

そして、「君は」から少し離れ、(私も含む)表現規制反対派の人についてですが。
やはり彼らは彼らのリソースの中で判断し、自分が何にコミットするか決めるでしょう。彼らが表現の自由を主張する事は止める事が出来ませんし、何より彼らのコミットの優先順位を他者が決める事は許されません。人は何もかもをする事が出来ませんから。
他者の差別を救わぬ限り自分の自由を主張する事が出来ないとは考えません。
誰だってまずは自分の事、その後周囲へ目を向けるのではないですか?当たり前ですが。
個人ではどうにも出来ぬ社会の問題を解決出来るのはやはり社会だけです。そして社会への働きかけを他人に「強制」出来るとは思いません。人は能力と興味に応じて社会へ関われば良いと思います。もちろん社会は不完全ですし、どこかで手当てをするべきでしょうがやはり私/彼らには出来る事と出来ぬ事が有ります。むしろ能力ある人が関わるのを支援する制度を作る方が社会の効率的にもよろしいと思います。
これからも私は私の個人的興味と能力で出来る事を行くでしょうが、それは社会の底が抜けたら自分が困るからです。これは善意などでは無く自分(だけ)の為です。ですから何をするかは私自身が決める事でしょう。

長々と書き連ねましたがお答えになっておりますでしょうか?

2009.08.11 (Tue) | nppaemon #- | URL | Edit

NoTitle

nppaemonさん

ご理解いただけたようで何よりです。ブクマコメントに関しては、こうしてお互い公開の形でやりとりが残っているので、削除・訂正しなくても特に差し障りは無いと思います。

また、君はどうするのかという問いに対して真摯なご回答をありがとうございます。私が聞きたかったのはまさにこういった個別的・具体的な内容でした。そしてその内容についてもおおむね支持できる内容だと思います。もちろん個人の持つ力には限りがありますし、優先順位というのも人それぞれでしょうから、すべてについてカバーしろとまでは言えません。自分も出来ませんしね。
ただし、今回表現規制を掲げながらヘイトスピーチの方向に逸脱してしまった人々に対してはやはり諫めて欲しかったとは思います。道義的な責任は別にしたとしても、「表現の規制に反対する」という自分たちの足下を掘り崩しかねないという意味においても。

>私を含め皆が幾ら苦悩して知恵熱を出した所で現実の差別は解消しない
私はそこまで悲観してません。完全に解消することは無理でしょうけど、今より少しはましにはなるでしょう。これについてはいずれまたエントリーにするかもしれません。

2009.08.11 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

NoTitle

uchya_x様
お返事ありがとうございます。
あれから富山市の件の事をずっと考えておりました。
あまりの酷さに目が眩んでしまいましたが、表現の自由以前の問題で富山市への威力業務妨害ですよね…これは警察の、と言うより政府の恣意的な運用による深刻な人権侵害であると思います。
こういう事例を無くすにはやはり「政府を変える」事が必要なのでしょう。自分に出来る事が何なのか、について考える時この件も心に留めて置く事に致します。

長大なコメントをしてしまいまして申し訳ありませんでした。

2009.08.11 (Tue) | nppaemon #- | URL | Edit

NoTitle

nppaemonさん
色々とありがとうございます。慰安婦関係についてはこの10年ほとんど放置していたつけが回ってきているんだと思います。今回ほぼ政権交代が確実視されていますから、この機会になんとか変えていかないとまずいでしょうね。

2009.08.12 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

NoTitle

>ヘイトスピーチを認めることで誰かの自由が蹂躙される
かつて枢軸国家は民衆の他民族憎悪を助長させる事で戦争や虐殺を起こす事が出来たのです。
ヘイトを放置する事は自他共に危険なのです。furutatsuさんはそこが理解できていない。

2009.09.05 (Sat) | cb #9OM23EHw | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 2009年6月21日、この日に三鷹市議会は『日本軍「慰安婦」間題に関する意見書』を採択した。日本政府が、「慰安婦」問題に対し誠実に対応する...

2009.08.11 (Tue) | Gazing at the Celestial Blue

実は先日から、なぜ日本はこうなのだろう、何が他国と違うのだろう、と考えていた。 欧米諸国との違い。韓国や台湾の近年の、DVや性被害...

2009.08.22 (Sat) | あなたは悪くない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。