スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なりたい自分

 私がいわゆるIT業界に身を置くようになってかれこれ四半世紀になる。仕事を始めた頃、この業界のいわゆる出世コースというのは非情に単純だった。プログラマに始まりSE(システムエンジニア)を経て管理職になって上がり。もっともある程度の規模の会社に勤める技術系のサラリーマンだったら、このロールモデルってのは大体似たり寄ったりだったろう。若い頃は現場で技術を磨き、年を取ったら中間管理職になり、運と実力があればより上位の管理職を目指す。
いちおうそれなりにこの状態が長く続いたんだから、ある程度は有効だったのだろうが、私にとっては不満でね。一番大きかったのは、技術者を目指して就職したのに、なんで上がりが管理職なんだ、というところだった。そんな声が多かったからというわけではないだろうけど、2002年に経済産業省によってITスキル標準という指標が策定された。これはIT関連サービスに必要となるスキルを専門分野や職種ごとに体系立てたもので、今では多くの会社がこれをそのまま、あるいは若干のアレンジを加えて自社のキャリアマップとして採用している。
この指標、個々の技術者にとっても特定の会社に捕らわれることなくスペシャリストとしての将来像を描きやすく、さらにそこに至る道筋が具体的に示されているということで、かなり支持を集めているのだろうと思う。

 と、実はここまでは前振りである。このスキル標準、それぞれのスキルについて見れば分かるとおり、性差というのが入り込む余地はほとんど無い。仮に男女で統計的な差が出る項目があったとしても、それよりは個人差の方がずっと大きいだろう。だとしたら、技術者全体で見た場合、絶対数の違いはあるとしても、スキルマップ上の分布の仕方は男女で大きな差がでることはないはずなのだが、上位レベルになるほど女性の比率が下がっていくというのが実情だろう。

 これはもちろん「女性はIT技術者に向いていない」ということを意味しているわけではない。業界内で要求されている技術者像の外側に、社会が要求している(あるいは推奨している)人間像があり、それはいまだに男女の差が大きいということであろう。未だに男性側は結婚して妻子を養うため家計の主たる担い手となり、女性は結婚した後は子育てと家事が中心となり、家計の担い手としては補助的なものに留まる、というのが大多数にとって望ましい生き方と見られている。だいぶ崩れては来てるけどね。

 とりあえず、自分の業界に関して言えば、いったん産業構造の内部に入ってしまえば、かなり男女平等と言うのは進んできたとは言える。だけどその外側まで視野に納めれば、まだまだ性差による扱いの違いというのは大きいし、その影響は本来性差とは無関係であるはずの職業上のキャリアパスにも及んでいる、というのが実情だろう。要するに社会制度(あるいは慣習)の方が足を引っ張ってるんだよ。

 今景気が悪い中、人材育成とか人材活用というのはどの企業も知恵を絞ってどう進めていくかを検討しているところだ。こんな状態であるにもかかわらず、「男女平等が行きすぎている」なんて寝ぼけたことを言って、更に盛大に足を引っ張ろうとするんだから、青年会議所というのは無能な亡国集団と言ってもいいだろうね。

 個人的な経験からしても、尊敬できる技術者だった先輩とか、将来有望だと思っていた後輩が家庭に入って引退したことで寂しく感じたことがあるんだよな。
スポンサーサイト

Comment

>私がいわゆるIT業界に身を置くようになってかれこれ四半世紀

うちゃ様、あたしが生まれた頃には既に社会人になっておられたんですね…!てっきり、もう10歳ぐらいお若いものだと思っておりました(汗)

…それにしても、仕事の評価の基準それ自体が性差別的でなくても(寧ろそうであってたまるかって話ですが)、慣習が邪魔をするのですね。。。
この辺なども関係してくるでしょうか。

http://wan.or.jp/modules/articles0/index.php?page=article&storyid=46

2009.07.25 (Sat) | 七重 #mQop/nM. | URL | Edit

自転車以外でコメント

「男らしさ」「女らしさ」じゃなく「人間らしさ」ってところから始めればもうちょっと「平等」に近づけるような気がするんですけど。(「人間らしさ」もちょっとひっかかる言い方だけどここでは無視)「男らしさ」「女らしさ」という呪縛から抜け出せないのかな、青年会議所ってところは。自分達の価値観を否定されるのが気に入らないんだろうな。

自分の中の偏見と向き合うことを止めたらお終いかなと思ってるんですけどね。(少なくとも偏見だらけの自分はそう)ほとんど「男らしさ・女らしさ」教?

2009.07.25 (Sat) | nobu #1rNpmKtY | URL | Edit

NoTitle

>てっきり、もう10歳ぐらいお若いものだと思っておりました(汗)

文字だけなら年齢ごまかせますし(笑) 実際に会うとどうなのかは……実際に会った人にこっそり聞いてください。

>この辺など
たとえば育児休職なんかは制度上は男性でも使えるようになってたとしても、実際に使う人は少なかったりしますよね。そしてそれは会社だけを責められないところがあります。やはり絶対数の少なさというのは影響が大きくて、周囲でそういう行動をとっている人が一人でもいればずいぶん違うんでしょうけど。

2009.07.25 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

NoTitle

nobuさん
>「人間らしさ」ってところから始めれば
まあ、だいたいこんなことを言うと、現実の性差を無視するのかとか、だったら女性に対する優遇をやめろ、とか言い出すんですよね。ありがちなパターンとして。

>ほとんど「男らしさ・女らしさ」教

言ってることの根拠のなさからすると、宗教よりも呪術的信仰心という感じなんですけどね。男らしくor女らしくしないとタタリがあるぞという感じで。

2009.07.25 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

> 今景気が悪い中、人材育成とか人材活用というのはどの企業も知恵を絞ってどう進めていくかを検討
<
 現場で有能な人材にジェンダー関係なしなのは同意ですし、実際に少子高齢化社会が男女共同参画の後押しになっている訳で、この理屈は有用ではあるものの、取扱要注意ではあるのですよね。
…「役に立つなら平等にしてあげる」という話につながりかねないから。

 活用されうる「女性」のみが得る平等でいいのか、とか、被差別カテゴリ全般でもそう、という自戒なのですが。


> >実際に会うとどうなのかは……実際に会った人にこっそり
<
 こっそり書いておくと、実際に会ってもブログの印象そのままですよ。実物はブログよりはるかに温和しい私と違って。

2009.07.27 (Mon) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

同業者ですが

>技術者を目指して就職したのに、なんで上がりが管理職なんだ

同感です。私も同業者なんですが、最初に在籍した会社の先輩方には、管理職になった途端、退職する人(ちなみに全て男性)が多かったですね。と、前振りに反応してみる。

>いったん産業構造の内部に入ってしまえば、かなり男女平等と言うのは進んできたとは言える。
>要するに社会制度(あるいは慣習)の方が足を引っ張ってるんだよ。

確かにIT業界の場合、自分の持てる時間やエネルギーの多くを仕事に対して割くことが出来る分には、性別で評価に差が出ることも、能力のある女性が足を引っ張られることも、私の知る限りでは無いですね。(そもそも他人の足を引っ張る余裕なんぞない…)
あ、でも私が入社した当時は男女で給与格差がありましたよ。仕事の内容は全く同じなのに…

で、既婚女性の場合「時間やエネルギーの多くを仕事に対して割く」ことが(社会制度等のせいで)困難になりがちなんですよね。
現在在籍している会社に、女性は私ひとりなんですが、過去に在籍していた女性の殆どは結婚を機に退職したと聞いています。
女性比率の多い会社には、結婚前と変わらずに仕事を続けている女性もそれなりにいますが。

2009.07.27 (Mon) | 御姉寧 #2LG3h5II | URL | Edit

NoTitle

碧妹
>「役に立つなら平等にしてあげる」
これって実はちっとも平等じゃないんですけどね。実は自分たちにも火の粉が降りかかって来かねないんだけど、実際にその立場にならなきゃ気づかないんでしょうね。自分だけは例外だと思っているのか。

>実物はブログよりはるかに温和しい私と違って。
なるほど、ブログ上では強面の姐さんであることをお認めになるのですね(違)

2009.07.27 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

NoTitle

御姉寧さん

>管理職になった途端、退職する人(ちなみに全て男性)が多かった
なんか、彼らのやっている仕事を見て、ちっとも魅力的に見えなかったんですよね~。出世してたまるか、と思ってました(^^;

>既婚女性の場合「時間やエネルギーの多くを仕事に対して割く」ことが(社会制度等のせいで)困難になりがちなんですよね。

そうですよね。そしてそういう事情を斟酌せずに、会社内の仕事のみを見て女性を一段下に見なす人もいますし。

>女性比率の多い会社には、結婚前と変わらずに仕事を続けている女性もそれなりにいますが。

七重さんへのレスでも書きましたが、やはり絶対数というのはそれなりに必要ですね。

2009.07.27 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

ITスキル標準

初代のITスキル標準センターのセンター長は元IBMの人で、年に一二度くらい飲むのですが、IBM流だからジェンダーフリーは当たり前。といか、どれだけ顧客価値を産み出しているかを金額でビシッと評価するので、かなりハードルは高いですね。日本の技術者のキャリアパスをデザインするという目的を理解して各企業が採用しているかは温度差があるでしょう。

あと、女性が会社を辞めるのは、性差別だけではなく、仕事よりやりがいがあるからだと思うよ。
たかが会社の仕事、もっと大事な事に気付いてしまった人も多いかも。

2009.07.28 (Tue) | あつし #- | URL | Edit

NoTitle

>日本の技術者のキャリアパスをデザインするという目的を理解して各企業が採用しているかは温度差があるでしょう。

ただ、意識の高い方の会社と呉してやっていこうとなると、そのうちにそっちに流れざるを得なくなるよね。

>もっと大事な事に気付いてしまった人も多いかも。

そういう生き方もありだとは思うけど、だったらそういう選択をする男がもっといてもいいだろうと思う。
それと、こんな実例を聞いたりしてしまうと、ちょっとね。コメントなんかも読んでると嫌になるし。
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/tomozo/2009/05/post-ba31.html

2009.07.28 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 つい先ごろ、日本青年会議所のタウンミーティングで会場の7割の人が「今の日本は男女平等が行き過ぎている」と考えているという情報を目に...

2009.07.26 (Sun) | Gazing at the Celestial Blue

何年か前に、村上春樹が訳した『空飛び猫』という本を読んだ。 ル・グィンが書いたファンタジー。 なぜだか翼をもって生まれた猫の兄弟姉妹テルマ、ロジャー、ジェイムス、ハリエットの物語。 なんといっても、イラストが最高に可愛いのだ。 それにやられて買ったわ...

2009.07.28 (Tue) | かめ?

<募集中 「上から目線」と言われた時の返し方>のコメント欄が、「陰謀論」に占拠されたので、改めてこちらで返し方を募集します。  どうせだから、募集するアイテムを拡充しましょう。 1. 「上から目線」だ。 2. 「陰謀論」だ。 3. 「安易な自己責...

2009.07.31 (Fri) | みんななかよく

各党のマニフェストを読み比べたり全くしておりませんので これは、今朝、新聞を見ての単なる感想です。 「は?」と思ったことをそのまま書いただけなんで 他政党のマニフェストとの比較とか 難しいことを聞いてこないでね。 自民党:マニフェスト発表 民主に対...

2009.08.01 (Sat) | かめ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。